いまさら聞けない!?Facebookのフィード購読

いまさら聞けない!?フェイスブックのフィード購読

最近、Facebookの個人ページに関して、「フィードを購読するっていうボタンが出ている人がいるけれど、あれは何か?」という質問を受けることがありました。これは、2011年の9月から公開された「フィード購読」という機能です。今回は、改めてフィード購読という機能について紹介しましょう。

■フィード購読とは?

Facebookの友達申請は相互承認が必要です。よって、自分が一方的に知っている著名人や芸能人とは、実際に交流がない限り、Facebook内で「友達」になることは難しいものです。しかし、フィード購読を使えば、著名人の公開投稿を自分のニュースフィードに表示させることができます。なお、表示されるのは、投稿の公開先が「公開」になっているものです。

また、自分のフィード購読を許可すれば、見知らぬユーザーと友達になる必要がなくなります。フィード購読は、Twitterでいうならば「フォロー」、Google+でいうならば「サークルに追加」の機能にあたります。

■自分のフィード購読を許可してみよう

フィード購読は、他のユーザーが自分のフィード購読をすることを許可することで初めて有効になる機能です。フィード購読を許可するには、Facebookにログインした状態で「[フィードを購読]ボタンのご紹介」にアクセスして、「フィード購読を許可」ボタンをクリックします。

フェイスブックのフィード購読手順1

※画像クリックで拡大

これで「公開」で投稿した自分の投稿がフィード購読者のニュースフィードにも表示されるようになります。

■フィード購読の設定を編集

フィード購読の許可を取消したり、お知らせ通知の内容を変更する場合、以下の設定を行います。自分のプロフィールページ(タイムライン)に移動し、「フィード購読者」をクリックします。

フェイスブックのフィード購読手順2

※画像クリックで拡大

続いて、右上の「設定」ボタンをクリックして、「フィード購読の設定を編集」画面を表示します。フィード購読の許可を取り消す場合は、「購読者」をオフにします。

フェイスブックのフィード購読手順2

※画像クリックで拡大

「コメント」では、公開アップデートに対してコメントできる人を設定できます。フィード購読は許可するけれど、購読者からのコメントは受け付けたくない場合、ここで変更してください。

「お知らせ」は、新しいフィード購読者が追加されたとき、コメントや「いいね!」があったときの通知を制限することができます。フィード購読者が多いユーザーは、制限しないとお知らせ通知が頻繁になりすぎるので、ここで制限するとよいでしょう。

« 前のページへ 1 2 3 次のページへ »

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
深谷歩のソーシャルメディアトレンドウォッチ

深谷歩のソーシャルメディアトレンドウォッチ
小さな会社のFacebookページ集客・販促ガイド」の著者であり、ソーシャルメディアコンサルティング会社 株式会社深谷歩事務所 代表取締役の深谷歩氏にソーシャルメディアで今何が起こっているのか、サービスの内容や使い方のコツについて解説してもらいます。

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。