無料公衆Wi-Fi「au Wi-Fi SPOT」、PCやタブレットなど「もう1台」で利用可能に

無料公衆Wi-Fi「au Wi-Fi SPOT」、PCやタブレットなど「もう1台」で利用可能に

au Wi-Fi SPOTの公式サイトで3月から詳細を掲載する

KDDI(au)のスマートフォンから無料で利用できる公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」が、2012年3月1日より新たにもう1台手持ちのノートパソコンやタブレット端末から使えるようになる。また日本国内だけでなく北米、アジア、欧州など海外100以上の国と地域で利用可能になる。

au Wi-Fi SPOTは、パケット定額サービス「ISフラット」「プランF(IS)シンプル/プランF(IS)」に契約していれば、スマートフォンから無料で使える。2011年6月に開始し、2012年2月にはアクセスポイントが7万カ所を超え(関連記事)、3月末には10万カ所に達する見通し。

3月からは事前に「au ID」を取得して「ケータイPC連動設定」を行い、使いたい機器に専用アプリケーション「au Wi-Fi 接続ツール」をダウンロード、設定すると、契約しているauスマートフォンのほかにもう1台、ノートパソコン、あるいはタブレット端末などでau Wi-Fi SPOTが使える。

海外で利用する場合もau Wi-Fi 接続ツールで事前設定を行う。スマートフォンやノートパソコン、タブレット端末を使って1分27円から1日最大1480円で無線LANに接続できおる。なお、月額定額料金はなく、国内の各種割引サービス、パケット通信定額、割引サービスの対象外。料金は免税となっている。利用エリアは北米、中南米、欧州、アジア、オセアニア、中東、アフリカなどだ。

auでは2012年3月1日よりau Wi-Fi SPOTの公式サイトに詳細情報を掲載する。

(植木 皓= ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
モバイル・ニュース

モバイル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。