au、独自クラウド「au Cloud」、まずは月390円で10GBストレージが利用可能

au、独自クラウド「au Cloud」、まずは月390円で10GBストレージが利用可能

KDDI(au)が独自のクラウドサービス「au Cloud」を明らかにした。auスマートフォン利用者が月額390円で使えるサービスパッケージ「auスマートパス」に加入すれば、容量10GBのオンラインストレージを利用できる。追加料金として月額105円払うごとに容量を10GBずつ追加できる。

auスマートパスの「Photo Album」サービスとして2012年3月から使える。auスマートフォンで撮影した写真や動画を、自動バックアップサービス「au one Photo Air powered by Eye-Fi」でアップロードする。通信環境は無線LAN、WiMAX(ワイマックス)、第3世代携帯電話回線に対応する。

アップロードした写真や動画は、スマートフォンだけでなくタブレット端末、パソコンなど複数の端末から閲覧できる。

また顔認識技術を利用し、保存した写真を簡単に整理できる。写真に写っている顔を1つ選ぶと、同じ人物が写っている写真を自動検索する。これはNTTドコモのオンラインストレージ「メモリーコレクション」(関連記事)に似た機能だ。

これに加えクラウド上の写真を3つの異なる方式のスライドショーで鑑賞したり、SNS「Facebook(フェイスブック)」や「GREE(グリー)」に投稿したりすることも可能。さらにスマートフォンのアドレス帳や、SNSなどの連絡先を統合管理できるアプリケーション「au one Friends Note」から相手を選ぶだけで、写真や動画を共有できる。

このほかPhoto Albumに連携した画像加工アプリも使える。「PicCollage」「DECOPIC」「Snapdish」「Snapeee」「Polaroid PoGo App」「piqUp」「フォトデコレ」といったライフスタイル関連のサービスが中心だ。

(植木 皓= ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
クラウド・ニュース

クラウド・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。