佐川急便、宅配便の集荷を24時間電話で受け付け

佐川急便、宅配便の集荷を24時間電話で受け付け

深夜3時までに依頼があれば航空便で当日中に配達

SGホールディングスグループの佐川急便は、宅配便の集荷依頼を24時間電話受付する新サービスを発表した。こうした試みは業界初という。まずは2012年6月21日より、東京都中央区と千代田区の2区で取り扱いを開始する。

従来、中央区と千代田区では、宅配便の集荷依頼を19時まで電話受付してきた。しかし以前より企業や個人事業主から19時以降、深夜帯の集荷要望があり、今回はこれに対応する。

朝8時から夜19時までは電話窓口で自動集荷受付し、夜19時から翌朝8時は夜間受付専用の電話番号でオペレーターが対応する。夜間は連絡を受け取ってから1時間以内に集荷する。

利用者から深夜3時までに集荷依頼があれば、航空機を利用する「飛脚航空便」で、全国の主要都市に当日中に荷物を届ける。

また首都圏へは、深夜3時までに連絡があれば当日午前中に、朝8時までに連絡があれば当日中に配達する。具体的には東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨が対象となる。これには3辺合計で160cm以内、重量30kg以内の荷物を迅速に運ぶ「飛脚宅配便」を利用する。

佐川急便は今回の取り組みにより、深夜帯の集荷という新たな市場を開拓し、顧客需要を掘り起こす狙い。さらに24時間集荷受付に対応する地域の拡充など、今後の展開も検討していくという。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
ライフ・ニュース

ライフ・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。