パスワードをクラウド上でまとめて管理、トレンドマイクロが無料ツール

パスワードをクラウド上でまとめて管理、トレンドマイクロが無料ツール

トレンドマイクロは、インターネットサービスに必要なIDとパスワードをクラウド上でまとめて保存、管理し、自動入力できるツール 「パスワードマネージャー」の無料版を2012年8月14日までの期間限定で公開した。登録できるIDとパスワードの組み合わせは5件までと制限があり、実用性は不十分だが、秋には登録数が無制限の有料版が登場する見込み。

セキュリティ上は利用するネットサービスごとに異なるパスワードを使うのが望ましいが、すべてを覚えておくのは煩雑。トレンドマイクロの調査によると、実際には「覚えきれる範囲のID・パスワードを共通で使っている」という人が25%、「手帳に記載して管理している」が30%と、危険性の高い状況という。

パスワードマネージャーはWebブラウザーのプラグインとして利用できる。導入するとネットサービスにログインする際、入力したIDとパスワードを自動記録し、暗号化してクラウドに保存する。2回目以降のログインでは、ID、パスワードの入力を省ける。

これに加え英数字と記号を組み合わせた強固なパスワードを簡単に作成する機能があり、ネットサービスに登録するたびに自分で考える手間がない。また氏名や電話番号、住所、クレジットカード情報などを事前に登録しておくと、ネットサービスに登録する際に個人情報入力フォームに自動入力できる。

すでにFirefoxのようなWebブラウザーでは内部に複数のネットサービスのパスワードをまとめて保存し、さらにそれらを「マスターパスワード」と呼ぶ別のパスワードで保護する機能を持つが、クラウドへの保存がより安全で利便性が高いと考える人にとっては検討の余地があるツールだ。

パスワードマネージャーをパソコンから使う場合、対応OSはWindows 7 SP1以降/Vista SP2以降/XP SP2以降。対応ブラウザーはInternet Explorer 7―9、Firefox 3.6―12.x、Chrome 6.x―13.x。

スマートフォン向けのアプリケーションも開発中で、iOS向けは近日中に公開予定。スマートフォンから使う場合の対応OSはiOS 3.x、4.x、5.0、Android 2.x、3.x。対応ブラウザーは各OSに標準搭載するものとなる。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
クラウド・ニュース

クラウド・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。