複数のソーシャルメディアに散らばった写真を集約できる「Ambrotype」

複数のソーシャルメディアに散らばった写真を集約できる「アンブロタイプ」

FacebookやTwitterなど複数のソーシャルメディアに投稿した写真をまとめて取り込み、被写体となった人物や撮影時期、場所に応じてアルバム化するサービス「Ambrotype(アンブロタイプ)」を、リクルートの研究部門メディアテクノロジーラボが公開した。iOS向けアプリケーションをダウンロードできる。対応OSはiOS 4.0以降。

サービス名の由来は写真が貴重だった時代の撮影技法。パソコン、スマートフォンなど複数の端末から異なるソーシャルメディアに写真を投稿している場合などに役立ちそうだ。対応サービスはFacebookやTwitterをはじめ、写真共有サービスの「Instagram」「Picasa」「Flickr」。今後も新たなサービスを順次追加予定だ。

この動画を再生するには、<a href="http://get.adobe.com/jp/flashplayer/" target="_blank">Adobe Flash Player</a> が必要です。

取り込んだ写真は、日付順に整理したり、位置情報をもとにまとめたり、顔認識技術を使って写っている人物ごとに分類し、アルバムを作成できる。

作成したアルバムは再びTwitterやFacebookに投稿して共有できる。過去の思い出をもとに友達や家族と新たな交流ができるという。

またアプリが過去の写真から1枚を選んで、その日付とともに自動で通知する。普段なら見返すことがなかった写真を目にして思い返す機会になるという。使わなくなった写真共有サービスに置いてけぼりにしていた写真にも出会えるとしている。

リクルートではFacebook上にAmbrotypeの公式ページを開設し、不具合の修正通知や利用者との交流などを行っている。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
ソーシャル・ニュース

ソーシャル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。