MS、次期スマートフォンOS「Windows Phone 8」発表

MS、次期スマートフォンOS「ウィンドウズフォン8」発表

米Microsoft(MS)は、次期スマートフォン向けOS「Windows Phone 8」を発表した。パソコン向けOS「Windows 8」と基幹技術を共通化し、「Metro(メトロ)」操作画面を改良したようなデザインを採用する。アプリケーションもより便利に使えるようになっている。

パソコン、タブレット向け「Windows 8」と基幹技術を共通化

この動画を再生するには、<a href="http://get.adobe.com/jp/flashplayer/" target="_blank">Adobe Flash Player</a> が必要です。

Windows Phone 8は、パソコンやタブレット向けOS「Windows 8」と共通の基幹技術を採用しており、操作画面などが類似のものになるほか、ネットワーク技術、セキュリティ技術、メディアプレーヤー機能、Webブラウザー、ファイルシステムが共通化する。

またアプリについては、アプリ内決済ができるようになるほか、「Skype」のようなVoIPサービスを、通常の電話と統合し、同じように発着信できるようになる。ナビゲーションアプリなどについては、ほかの作業をしながら見えないところで稼働させ続けられる。

これに加え、より高性能な端末を開発できるようになる。マルチコアのCPUに対応するほか、画面サイズは1280×768ドット、1280×720といった高解像度の画面表示ができ、さらにストレージとしてmicroSDメモリーカードを利用可能。

次世代電子マネーなどに使う非接触IC技術「NFC」にも対応する。クレジットカード情報や持ち主の指紋情報などを内部に保存し、支払いや本人認証などに使える。

OSの更新はインターネットを通じて自動取得でき、わざわざスマートフォンをパソコンなどに接続する必要はない。

Windows Phone 8搭載端末を投入するメーカーはフィンランドNokia、中国Huawei Technologies(華為技術)、韓国Samsung Electronics(サムスン電子)、台湾HTC。いずれも米Qualcommの新型CPUを採用するとしている。

既存のスマートフォンには「Windows Phone 7.8」を提供

一方、残念ながら現行のスマートフォン向けOS「Windows Phone 7.5」などを搭載した端末は、Windows Phone 8には更新できない。その代わりとして「Windows Phone 7.8」を無料で取得、更新できる。

またMSは、現行のWindows Phone向けアプリを配信する「Windows Phone Marketplace」のアプリ登録数が10万件に達したと発表した。Android向けアプリより急速な伸びだと胸を張っている。

今後、同社のゲーム機「Xbox」シリーズで人気の作品「HALO(ヘイロー)」などをはじめ、iPhone、Androidなどで人気の「ASPHALT」「NOVA」といった人気作品の最新版が遊べるようになる。このほかMSと協力するNokiaが、ソーシャルゲーム大手ZyngaのゲームをWindows Phone向けに導入していく予定。

MSとしてはゲームの大幅な拡充で、新たな利用者を獲得していく狙いと見られる。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
モバイル・ニュース

モバイル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。