「ハッカー攻撃ではありません」、Twitterが世界規模のサービス停止で釈明

「ハッカー攻撃ではありません」ツイッターが世界規模のサービス停止で釈明

Twitterは、日本時間の2012年6月22日未明にサービスが全世界で一時利用できなくなったことを謝罪した。原因はソフトウエアのバグ(不具合)で、ちまたで憶測のあったハッカー攻撃のためではないとしている。

Twitterは過去半年間、これまでになくサービス安定させていたとし、安定率は24時間中23時間59分40秒で、全体の99.96%だったとしている。かつてサーバーのダウン(機能停止)時に姿を見せていたクジラのイラストも、利用者の目に留まる割合は非常に低くなっていたという。

しかし日本時間の2012年6月22日深夜1時ごろ、Twitterはパソコンから閲覧できなくなり、携帯電話からも新しいツイート(投稿)が閲覧できなくなった。同社が調査したところ、システム基盤にバグが見つかった。バグはTwitterが使っている1つのソフトウエアに影響するだけでなく、連なる滝(カスケード)のようにいくつものソフトウエアに影響するものだった。

日本時間の深夜2時10分ごろにはひとまず復活したが、2時40分ごろに再びダウンし、最終的に通常の状態に戻ったのは3時8分ごろだった。Twitterは今後このようなことがないよう「気を引き締めていく」としている。

なお、今回のトラブルをめぐっては、ハッカーグループがTwitterを攻撃したために発生したとの憶測もあった。Twitterが米国議会で検討中の法案「Cyber Intelligence Sharing and Protection Act」(CISPA)を支持しているためという。CISPAはサイバー攻撃や海賊行為(著作権侵害)対策のための情報を政府と企業で共有できるようにする趣旨だが、明らかになっている条文の曖昧さから、ネット企業が一般利用者の通信内容を勝手に政府に提供することになる、といった懸念が出ている。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
ソーシャル・ニュース

ソーシャル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。