Google+、タブレット版が公開、イベント共有機能も追加

グーグルプラス、タブレット版が公開、イベント共有機能も追加

米Googleは、SNS「Google+(プラス)」のタブレット端末向けアプリケーションを公開した。画面上に並んだ投稿の種類などに応じて雑誌のように表示スタイルを変えるといった特徴を備える。まずはAndroid端末で利用でき、iPadでも近日中に使えるようになる見込み。

Google+は2012年5月にAndroid、iOSスマートフォン向けアプリの新版を公開し、ジェスチャーナビゲーションや、写真、動画のフルスクリーン表示、ビデオチャット機能を追加した。すでにパソコンよりもスマートフォンなどモバイル端末でGoogle+を使う人が多くなっており、今回のタブレット向けアプリ投入でこの傾向はさらに強まると、同社は見込んでいる。

タブレットの大きな画面に対応するほか、アクティビティ、投稿の種類、端末の向きに応じて画面のスタイルを変える。さらに、より鮮明な文字表示、大きな画像、簡単にタップできる「+1」ボタンやコメント欄などが特徴となっている。

この動画を再生するには、<a href="http://get.adobe.com/jp/flashplayer/" target="_blank">Adobe Flash Player</a> が必要です。

Googleは併せて、Google+の新機能「イベント」を公開した。パーティーや結婚式、食事会などの情報を登録し、Google+上の友達に招待状を送信できる。デザインテンプレートを選んで利用できるほか、動画共有サイト「YouTube」と連携してビデオレターを添付できる。アニメーションなども付けられる。

Google+に登録したイベントは自動で「Googleカレンダー」に表示し、招待客の更新情報はすぐに通知が届く。さらにスマートフォンで撮影した写真を自動でイベントに関連づけて投稿して随時更新でき、後から時系列や注目度に応じて並べ替えたり、撮影者やタグごとに絞り込んだりできる。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
ソーシャル・ニュース

ソーシャル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。