iPhoneでも「Chrome」と「Googleドライブ」が利用できるように

アイフォーンでも「クローム」と「グーグルドライブ」が利用できるように

iPhone向けChrome(左)とGoogleドライブ(右)

iPhoneでも、米GoogleのWebブラウザー「Chrome」やオンラインストレージ「Googleドライブ」が利用できるようになった。米Appleのアプリケーション配信サービス「App Store」から、それぞれのアプリを無料でダウンロードできる。対応OSはChromeがiOS 4.3以降、GoogleドライブがiOS 5.0以降。

いずれもiPhoneのほか、iPad、iPod touchでも利用できる。Chromeは起動した後、Googleアカウントでログインするとブックマークや履歴、設定をほかの端末と同期できる。Windows、Macintosh(Mac)パソコン、AndroidタブレットでChromeを使っていれば、その利用環境をそのままiPhoneなどに引き継げる。

Googleドライブはパソコン版などと同じく無料でデータ容量5GBまで利用でき、有料で最大16TBまで増やせる。オンラインオフィスアプリケーション「Googleドキュメント」との連携機能があり、ワープロ文書や表計算シート、プレゼンテーション資料を保存するとほかの利用者と共有し、一緒に編集を行える。

これと併せてGoogleドキュメントではオフライン編集ができるようになっている。画面右上の歯車アイコンからオフライン設定を選び指示に従ってアプリをインストールすると、文書のオフラインリストを表示し、インターネットに接続していない状態でも作業ができる。

編集内容はネット接続を再開すると自動で反映する。当初はワープロ文書のみでこの機能が使えるが、表計算シートとプレゼン資料も順次対応する見通し。なお、オフライン機能を使うにはChromeの最新版が必要だ。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
モバイル・ニュース

モバイル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。