スターバックス、無料の公衆Wi-Fi「at_STARBUCKS_Wi2」開始

スターバックス、無料の公衆ワイファイ開始

カフェチェーンのスターバックスコーヒージャパンは、無料の公衆無線LANサービス「at_STARBUCKS_Wi2」を開始する。2012年7月2日より都内23区内にある大半の店舗に導入し、その後全国展開する予定。ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)と協力する。 

事前に専用Webサイトからメールアドレスとパスワードを登録してアカウントを取得すると、スターバックス店内のat_STARBUCKS_Wi2というネットワークに接続できるようになる。無線LANはIEEE802.11 a/b/g/nに準拠している。

まずは2012年7月2日から東京都23区のスターバックス227店舗中約200店舗で利用できるようになる。その後同年中に全国955店舗中約850店舗へ拡大する予定。

専用Webサイトからどの店舗でat_STARBUCKS_Wi2を利用できるかを確認できる。また店内にも目印が掲示してある。

スターバックスは、すでにNTT東日本、西日本の公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」をはじめ、NTTドコモの「docomo Wi-Fi」、KDDI(au)の「au Wi-Fi SPOT」、ソフトバンクモバイルの「ソフトバンクWi-Fiスポット」を導入しているが、今後これらのサービスを使っていなくても無料でスマートフォンやタブレット端末などから高速通信ができるようになる。

さらにWi2の有料公衆無線LANサービス「Wi2 300」も導入する。既存のWi2 300利用者は事前の登録手続きなどなしでスターバックスからインターネット接続が行える。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
モバイル・ニュース

モバイル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。