【週末版】Googleが今週、何を発表したかを総まとめ

【週末版】グーグルが今週、何を発表したかを総まとめ

米Googleは、2012年6月27日から米国サンフランシスコで技術イベント「Google I/O 2012」を開催し、数多くの新サービス、製品を発表した。街歩きやスポーツの最中に手ぶらでインターネットを利用できる拡張現実(AR)機能を備えためがね「Project Glass」をはじめ、独自のタブレット端末「Nexus(ネクサス)7」、それにスマートフォンなどに向けた新OS「Android 4.1 Jelly Bean(ジェリービーン)」などだ。

ARめがね「Project Glass」は2013年に出荷開始

この動画を再生するには、<a href="http://get.adobe.com/jp/flashplayer/" target="_blank">Adobe Flash Player</a> が必要です。

Project Glassはまず米国在住の開発者向けに1500ドルで販売し、2013年前半に出荷(関連記事)する。

このARめがねは外の光景に合わせて、レンズ部分にさまざまな情報を表示する。めがねはカメラ、マイク、スピーカー、インターネット接続機能を備え、音声操作できる。

Googleは従来、街中を歩きながらARめがねで天気予報や交通情報を調べたり、ルート検索をしたりする様子を紹介していたが、今回のイベントでは、スカイダイビング時に着用した様子を動画として公開した。複数人が互いの視点を共有し、空中の景色をさまざまな角度から見られるようにしている。このほかにもマウンテンバイクに乗りながらARめがねを使うなど、スポーツとの組み合わせを打ち出したデモを行った。

低額199ドルで販売する独自タブレット端末「Nexus 7」

この動画を再生するには、<a href="http://get.adobe.com/jp/flashplayer/" target="_blank">Adobe Flash Player</a> が必要です。

独自の7型タブレット端末「Nexus 7」は同社のコンテンツ、アプリケーション配信サービス「Google Play」を通じ米国、英国、カナダ、オーストラリアで販売(関連記事)する。すでに注文受付を開始しており、2012年7月半ばから出荷する。

希望小売価格は199ドルからと、米Amazon.comの「Kindle Fire」と同水準の低価格だ。米Appleの「iPad」のような高価格端末とは異なる需要を狙うと見られる。

台湾ASUSTeK Computer製で、ディスプレイは7型HD(1280×800ドット)。OSは最新のAndroid 4.1 Jelly Bean、CPUはクアッドコアのNVIDIA Tegra 3(1.4―1.5GHz)だ。

検索不要? TPOに合わせて情報を表示する「Jelly Bean」

この動画を再生するには、<a href="http://get.adobe.com/jp/flashplayer/" target="_blank">Adobe Flash Player</a> が必要です。

スマートフォンやタブレット端末向け次期OSのAndroid 4.1 Jelly Bean(関連記事)はスマートフォン「Galaxy Nexus」などを対象に2012年7月半ばから順次更新を開始する予定。

新OSでは人と会話するような調子で音声入力によるインターネット検索ができるようになり、結果も音声で受け取れる。あいまいなキーワードで探している情報を的確に絞り込んだり、検索結果に関連情報を付加して分かりやすく整理したりする「Knowledge Graph(ナレッジグラフ)」にも対応する。

これに加え、現在位置や時間をもとに必要な情報を表示する「Google Now」機能も導入する。例えば朝には天気予報を、出勤中には交通情報を、好きなスポーツチームの試合中にはその得点を、カード形式で表示する。

このほかGoogleはWebブラウザー「Chrome」とオンラインストレージ「Googleドライブ」のiOS版(関連記事)、SNS「Google+」のタブレット端末向けアプリケーション(関連記事)を発表し、無料ダウンロード配布を始めた。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
まとめと比較

まとめと比較
ネットやスマホを中心に、最新のビジネスニュースを、テーマを絞った「まとめ記事」や、製品やサービスの「比較記事」としてお届けします。(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。