内々定者の8割が就活終了、未内定者は6割が大学キャリアセンターに相談、マイナビ調査

内々定者の8割が就活終了、未内定者は6割が大学キャリアセンターに相談、マイナビ調査

左:内々定保有者の活動状況、右:未内定者の相談意向(資料出典:マイナビ)

マイナビの調査によると、2012年6月時点で内々定保有者の8割が入社予定の企業に満足して就職活動を終了している一方、未内定学生の約6割が「大学のキャリアセンターへ相談する」としている。

同社によると、選考が後ろ倒しになった前年(2011年)と異なり、2012年6月は就職活動状況は落ち着きを見せており、内々定保有者の80%が内々定先に満足して活動を終了している。また内々定保有者の58%に対し内定承諾書が求められており、内定後の拘束も5人に1人は受けた経験がある。

就職活動を終了した内々定保有者のうち、入社予定先企業に不安を抱いた人は39%で前年、前々年より減った。不安の理由は「なんとなく漠然と」(44%)、「この会社できちんと務まるかどうか」(41%)に加え「選考が早すぎたことによるミスマッチの不安」(12%)などがあった。不安の解消方法は「自分で調べたり考えたりして割り切った」(63%)などが挙がった。

一方、未内定学生に今後の活動スタイルを聞いてみると「今まで通り進める」(42%)は前年より減り、「業界の幅を広げる、変える」(36%)、「職種の幅を広げる」(13%)が前年より増えた。また57%の人が「大学のキャリアセンターへ相談する」としており、さらに「新卒ハローワークへ相談する」も36%あった。

このほか、これまでの就職活動で33%の人が大手企業・有名企業へのエントリーを諦めた経験があり、最近の大手企業志向の減退傾向と合わせて注目すべき点としてマイナビは挙げている。

(植木 皓=ニューズフロント

転職を考えているアナタに @nifty転職

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
ライフ・ニュース

ライフ・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。