デジタル+ノマド時代の付箋紙ってどうなってるの?

仕事をしていると、毎日なにかしらの文房具を使いますが、そのなかでも皆さんが好きなものはどれですか? 筆者の場合は付箋紙です。

出版社に勤務していた頃は、毎日付箋紙をたくさん使っていました。電話を受けたときの伝言、仕事のアイデアを思いついたときのメモ、取材やアポの予定の覚え書きなど、とにかくオフィスにいるときに何か書く必要があるときは、ほとんど付箋紙に書き込み、机やディスプレイにペタペタと貼っていました。

ところが最近はめっきりと付箋紙を使う機会が減ってしまいました。フリーランスになったため、いつも自分の机の前で仕事ができるとは限らないことや、ノートPCやスマートフォンなどのデジタルガジェットをいつも持ち歩いて使う日常が、当たり前になったからです。

ところが、そんな筆者の状況とは反対に、最近はいろんな付箋紙が登場しています。例えば、GreenMarker」は、草そっくりの付箋紙。メモを書き込むのにはあまり向いていませんが、本や雑誌の気になるページにマークすると、まるで本から草が生えているかのようになるというもの。つまり、本を読み込めば読み込むほどに、草むらが茂っていくのです。

草そっくりの付箋紙

このほかにも、透明なものや、時計の文字盤のようなものなど、いろんな付箋紙が増えており、久しぶりに付箋紙を使いたくなってきました。そんななかに、デジタルガジェットとの相性がよい付箋紙を見つけました。

エレコムの「スマホ文具“ふせん”」は、スマホで管理しやすい付箋紙です。紙に書いたメモをスマホのカメラで撮影して管理するノートやメモ帳がありますが、それの付箋紙版。
書き込んだ付箋紙を専用アプリで撮影すると、ゆがみや傾きを自動的に補正してくれ、マーカー部分の番号を塗りつぶすと、自動的にフォルダ分けもしてくれます。

書き込んだ付箋式を専用アプリで撮影

この付箋紙とアプリの優秀なところは、一度の撮影で複数の付箋紙の取り込みに対応しているところです。まとめて撮影した付箋紙を、きちんと1枚ずつ別の画像として取り込んでくれるのです。ノートと違って、一度にたくさんの枚数を使うことがある付箋紙ならではのニーズですが、これは実際に使うとかなり便利です。

一度の撮影で複数の付箋紙の取り込みに対応

さて、このスマホ対応付箋紙は確かに便利ですが「まだ、普通の付箋紙がたくさん余っているんだけど」という人もいるはずです。そんな人にオススメなのが、同じエレコムの「スマホ文具“マーカーシート”です。

マーカーシートは、四隅にスマホ取り込み用のマークがついた透明なシート。スマホ対応ではないノートやメモ帳にシートを重ねて、専用アプリで撮影することで、手書きメモのデジタル管理を実現するアイテムです。

これを使えば、普通の付箋紙でもスマホ管理しやすくなります。裏技的な使い方として、A4サイズのマーカーシートに、複数の付箋紙を貼って撮影して、一度にまとめて取り込めます。「スマホ文具“ふせん”」と違って、1枚ごとにバラバラに認識できませんが、特定の項目に関することだけまとめて取り込むなど、運用の工夫である程度対応できます

ノマドにスマホに電子書籍と、世の中の流れは付箋紙に不利になりつつありますが、スマホ対応で新たな使い道がひらけるかもしれませんね。

青山 祐輔

青山 祐輔(あおやまゆうすけ)
少しでもITに関係するなら何でも手がけるフリーライター。デスクトップPCは自作、ノートPCはThinkPad、ルータはヤマハとハードウェアの趣味が偏っている上に、手元にあるハードウェアは必ず一度は分解しないと気が済まない難儀な性格。なので最近は電池不要のアナログなアイテムが好き。

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
ノマドワーキング

ノマドワーキング
どこでも快適に仕事がしたい、「ノマド」なビジネスパーソン向けに面白くて役立つ記事をご紹介。ノマドワーキングを実践している方はもちろん、これから始めたいと思っている方の「明るく元気なノマドワーク」を時にライターが体を張って支援していきます。(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。