ドコモ、初のXi対応Xperia「GX」「SX」 8月9、10日に発売

ドコモ、初のクロッシィ対応Xperia「GX」「SX」 8月9、10日に発売

左:Xperia GX、右:同SX

NTTドコモは、Androidスマートフォン「Xperia GX SO-04D」「同SX SO-05D」の発売日を明らかにした。4.6型の大画面が特徴のGXは8月2日から予約を受け付け、9日から販売開始する。重さわずか95gのSXは3日から予約を受け付け、10日に販売開始予定だ。いずれもXperiaシリーズとして初めて下り最大75Mbpsの高速通信サービス「Xi」(クロッシィ)に対応する。

ともにソニーモバイルコミュニケーションズ製端末(関連記事)。OSはAndroid 4.0で、CPUはデュアルコアのQualcommMSM8960(1.5GHz)。音楽再生の「WALKMAN」、写真管理の「Album」、動画再生の「Movies」といったXperia独自のアプリケーションも備える。

Xperia GXは約4.6型HD(720×1280ドット)液晶を備え、従来モデル「Xperia arc」の特徴を引き継いだ手になじむデザインを採用する。カメラは本体背面が有効1300万画素、前面が有効130万画素。おサイフケータイに対応する。本体カラーはホワイトとブラックの2種類。連続待ち受け時間は3Gが約380時間、LTE(Xi)が約270時間、通話時間は3Gで約400分。

Xperia SXは3.7型QHD(540×960ドット)液晶を備え、重さ約95g、厚さは約9.4mmと薄型軽量。赤外線通信、おサイフケータイ、ワンセグに対応し、カメラは本体背面が有効800万画素、前面が有効31万画素。本体カラーはブラック、オレンジ、ピンク、ホワイトの4種類。連続待受時間は3Gで320時間。通話時間は3Gで約340分。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
モバイル・ニュース

モバイル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。