ヤフー、ソフトバンクモバイル向けにAndroidアプリポータル、アプリ配信強化

ヤフー、ソフトバンクモバイル向けにAndroidアプリポータル、アプリ配信強化

ソフトバンクモバイルの端末にYahoo!マーケットのアプリを標準搭載する予定

ヤフーが運営するAndroid端末向けアプリケーションのポータル「Yahoo!マーケット」が、2012年8月からソフトバンクモバイルのスマートフォン利用者向けに刷新する。ソフトバンクグループ内での新たな協力で、アプリ配信の強化を図る。

Yahoo!マーケットは2011年11月に公開。複数のキャリア向けにAndroidスマートフォン利用者を対象に、アプリをジャンルや人気ランキングごとに紹介、配信したり、アプリに関する最新情報を幅広いサイトから引用して掲載したりしており、利用者とアプリ掲載数は増加が続いている。2012年7月末時点では35万件以上のアプリが検索できるようになっている。

ヤフー、ソフトバンクモバイル向けにアンドロイドアプリポータル、アプリ配信強化

今後ソフトバンクモバイルの利用者がより使いやすいようYahoo!マーケットを刷新し、推奨のアプリやコンテンツ情報を掲載する。

また2012年冬以降に発売するソフトバンクモバイルのスマートフォンにYahoo!マーケットのアプリを標準搭載し、より簡単に使えるようにする。

こちらはWebサイト版のYahoo!マーケットに掲載しているアプリの情報を閲覧したり、ダウンロードしたアプリを管理したりできるほか、Yahoo!マーケットの有料アプリを利用するための機能を備えている。

このほかYahoo!マーケットでは、ソフトバンクモバイル利用者向けに新たな特典を用意し、ソフトバンクグループの営業力を生かしてより多くのコンテンツを掲載、販売していく予定。なおYahoo!マーケットは引き続きNTTドコモやKDDI(au)の端末でも利用できるという。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
モバイル・ニュース

モバイル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。