Google、Gmailに多人数ビデオチャット/通話「ハングアウト」導入

グーグル、Gメールに多人数ビデオチャット/通話「ハングアウト」導入

米Googleは、Webメール「Gmail」に多人数ビデオ通話/チャット機能「ハングアウト」を導入すると発表した。SNS「Google+」と共通の機能で、最大9人までと同時に互いの顔を見ながら交流できる。

Gmailはすでに2008年から1対1のビデオチャット/通話機能を導入しているが、今回ハングアウトへの刷新を決めた。端末同士が直接通信するPtoP技術を使った従来のビデオチャット/通話機能に比べ、Googleのサーバーを利用したハングアウトは品質や安定性に優れるという。

同時にGmailを使っている相手に加え、Google+を利用している人とも通話、チャットが行える。パソコンのWebブラウザーのほかAndroid、iOS向けアプリからGoogle+を使っている人と簡単に連絡が取れる。

この動画を再生するには、<a href="http://get.adobe.com/jp/flashplayer/" target="_blank">Adobe Flash Player</a> が必要です。

一度に交流できる人数も増える。最大9人の顔を画面に配置し、動画共有サイト「YouTube」に投稿された作品を視聴したり、オンラインオフィスアプリケーション「Googleドキュメント」上のワープロ文書や表計算シート、プレゼンテーション資料を共同編集したり、互いのデスクトップ画面を共有できる。ソーシャルゲームで遊ぶことも可能となっている。

Google+を中心にGoogleの各サービスを統合、連携させていく取り組みの一環と見られる。なお、Googleでは今後、数週間かけて徐々にGmailからハングアウトを使えるようにしていく予定だ。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
ソーシャル・ニュース

ソーシャル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。