au、スマートフォンを利用した電力使用量「見える化」サービス

au、スマートフォンを利用した電力使用量「見える化」サービス

KDDI(au)は、スマートフォンなどを利用した家庭の電力使用量「見える化(可視化)」サービスを2011年7月中旬から開始する。まずはモニターとして選んだ東京電力サービスエリア内のau携帯電話利用者に電流センサーを貸し出し、Android(アンドロイド)端末などで電力使用量を確認できるようにする。

サービス名は「節電チャレンジプロジェクト」。電力使用量と節電効果が即時把握できる「リアルタイムチェック 1年コース」と、1カ月単位で電力使用量と節電効果が分かる「月イチチェック 3ヶ月コース」を計画している。

前者は東京電力サービスエリア内の100世帯を対象に、自宅の電力使用量を計測する電流センサーを無償貸与し、クラウドサービスを生かして計測結果をインターネット上から確認できるようにする。利用者はAndroidアプリケーションで計測結果と節電効果をすぐ確認でき、時間帯や電力使用状況に応じた節電のアドバイスが読める。また節電への貢献度に応じてauポイントを月最大1000ポイント受け取れる。アプリの対応機種は当初「IS03」「REGZA Phone IS04」「IS05」の3つで、順次拡大する。なお計測結果についてはほかに、パソコンからauの節電情報ポータル「KDDI 節電ひろば」にログインして閲覧することも可能。2012年末まで期間限定で実施する。

後者は東京電力サービスエリア内の1万世帯を対象に、前年同月との比較による節電効果を表示する。こちらにはAndroidアプリが対応しておらず、パソコンからauの節電情報ポータルにログインして確認する。節電の実績や節電内容に応じてauポイントを月最大1000ポイント受け取れる。2011年9月末まで実施する。

なお、いずれのコースも2011年7月1日から参加者の募集を始める。応募条件として自宅にブロードバンド環境が必要。さらに東京電力の生活情報調査サイト「TEPORE」に会員登録したうえで申し込みをする必要がある。応募方法は、準備ができ次第、節電情報ポータルで案内するとしている。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
マーケット・ニュース

マーケット・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。