「GALAXY S II」で成層圏からメッセージを送る「Space Balloonプロジェクト」開始

「GALAXY S II」で成層圏からメッセージを送る「Space Balloonプロジェクト」開始

サムスン電子のAndroid(アンドロイド)スマートフォン「GALAXY(ギャラクシー) S II SC-02C」を成層圏まで飛ばし、そこからインターネットを通じて世界にメッセージを送る「Space Balloon」プロジェクトが2011年7月15―17日に実施される。

気象観測用バルーンに「GALAXY S II」を取り付け、1日1回、米国ネバダ州の砂漠から上空30kmの成層圏へと打ち上げる。それぞれバルーンが90分間飛行する様子を、ライブ動画配信サービス「Ustream(ユーストリーム)」で配信する。バルーンはある高度まで達すると破裂し、落下する。GPS機能によって、飛行の過程も追えるようになっている。

7組のミュージシャンによる独自の楽曲とともに、事前に「Facebook(フェイスブック)」「Twitter(ツイッター)」などのソーシャルメディア上から集めたメッセージをGALAXY S IIの画面に表示し、カメラを通じてUstreamで全世界に中継する。メッセージは1日約1000人、3日間で合計約3000人分を表示する。打ち上げ当日のツイート(つぶやき)も受け付ける。

特設サイトでは、集まったメッセージを閲覧することも可能。日本の復興を願う言葉や抱負などが並んでいる。また六本木ヒルズ52階の「マドラウンジ」ではパブリックビューイングも開催する。なお、打ち上げ終了後もアーカイブで映像を視聴できる。

サムスン電子はFacebookの公式ページ「Samsung Mobile Japan」を開設し、最新情報を配信している。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
マーケット・ニュース

マーケット・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。