スマートフォンの3G通信速度、auがドコモ抑えトップ、さらにWiMAXは3Gを圧倒

スマートフォンの3G通信速度、auがドコモ抑えトップ、さらにWiMAXは3Gを圧倒

クリックして拡大

スマートフォンから第3世代(3G)携帯電話回線を使ってデータ通信をした場合、首都圏、地方主要都市ともにKDDI(au)の通信速度が高く、NTTドコモやソフトバンクモバイルを抑えてトップとなった。こうした調査結果をMMD研究所がまとめた。

2011年8月22―29日の期間、全国18カ所の主要都市で、auの「AQUOS PHONE(アクオスフォン)IS11SH」、ドコモの「GALAXY(ギャラクシー)S SC-02B」、ソフトバンクモバイル「iPhone(アイフォーン)4」の3G回線接続速度を調べた。

例えば東京は池袋駅、新宿駅、渋谷駅、大阪は梅田駅、なんば、名古屋はJR名古屋駅、栄駅などだ。全体として首都圏の主要な調査地点と、地方の主要都市含めてほぼauの回線が最も高かった。

また参考調査として、WiMAX(ワイマックス)回線に接続可能な「htc EVO WiMAX ISW11HT」を、3G回線と同じ地区で利用し、通信速度を調べたところ、平均して下り5000―6000kbps、上り1500―2000kbpsとなった。特に関西地区の調査では、梅田駅で下り1万4112kbps、なんば周辺で同1万6182kbpsと、3G回線と比べ約5倍に達している。

なお、auが出資するUQコミュニケーションズの手がけるWiMAX方式のデータ通信サービス「UQ WiMAX」は、以前の調査でもおおむね、ドコモのLTE方式による高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」や、ソフトバンクによるDC-HSDPA方式の「ULTRA SPEED(ウルトラスピード)」を上回る実測値を出しており、au陣営の優位があらためて明らかになったと言える。

(植木 皓=ニューズフロント

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
モバイル・ニュース

モバイル・ニュース
忙しいあなたに!ITやインターネット、メディア動向に関する最新ニュースやトピックを@niftyビジネス編集部がピックアップしてお届けします!(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。