妖しい光で浮かび上がる未来のキーボード『Magic Cube』を使ってみました

妖しい光で浮かび上がる未来のキーボード『マジックキューブ』を使ってみました

iPhoneのフリック入力が苦手な私。長文を入力するときには、携帯式のキーボード(ちなみに、リュウド RBK-2000BTII)を利用しています。使い心地には満足をしているのですが、一つ欠点があるとすれば、ちょっと野暮ったいところでしょうか。しかし、携帯できるキーボードにもスタイリッシュ…というか近未来的な一台が現れました。それが、『RESTIR.COM』で販売されているBluetoothレーザーキーボード『Magic Cube(マジックキューブ)です。

レーザーキーボードとは、その名の通りレーザー投影によって現れるキーボード。写真を見てもわかるように、物理的なキーがあるわけではありません。見た目のインパクトは十分ですが、本当にタイピングできるのでしょうか? 『RESTIR.COM』さんに実物をお借りして、実際に使ってみました。

iPhone(iOS4.0以降)との接続は、『設定』から『一般』を選んで『Bluetooth』をオンに。その後、マジックキューブの電源を入れると、iPhoneのBluetooth設定画面のデバイス欄に「Keyboard」と表示されるので、そこをタッチ。するとパスキーが表示されキーボードでの入力が求められるので、それを入力するだけ。これで接続完了です。もちろん、Android(2.0以降)でも接続可能。というか、Bluetooth HID製品に対応していれば使用できます。

マジックキューブ裏面

赤い光で描かれたキーボードが机の上に浮かび上がる様子は、なんというか未来です。が、タイピングがしにくいと本末転倒。早速、文字を打ち込んでみます。結果から言うと、感触は不思議な感じでしたが、意外と打てました。不思議な感じの正体はキータッチ。押しても沈みこまないし反発もありませんが、機械的なタイピング音はなる仕組みになっています。ただ、240mm×100mmの大きさで投影されるキーボードはキーピッチも十分で、慣れるとそこそこの速度で打てるようになりました。また、1分間に約350文字を認識できるので、キータッチに対する反応もダイレクト。少なくとも、私の下手なフリック入力よりは速く入力できる気がします。

赤い光で描かれたキーボードが机の上に浮かび上がる様子

いろんな人に見せたところ「クラブイベントでのパソコン操作に使うと格好良さそう」とか「ソニーから発売されたヘッドマウントディスプレイをパソコンとつないでディスプレイとして使用。文字入力をマジックキューブで行えば未来人と思われる」など、やはりその見た目に注目したおもしろ意見をいただきました。

レーザー投影する本体は手のひらサイズ

ちなみに、レーザー投影する本体は手のひらサイズで重さも78g。普段使っているリュウド RBK-2000BTIIよりも小さく、気軽にカバンに入れておけるサイズです。気になる金額は1万9950円。安くはありませんが、話のネタになることは間違いありませんよ。ただし、カフェなどで使っていると、いい意味でも悪い意味でも目立つのでお気をつけあれ。

マジックキューブ
コージー林田

コージー林田(コージーはやしだ)
政治経済からITまで。気になることにはすぐに手を出す雑食系ライター。取材の合間に原稿を仕上げるぶらリーマン的な仕事のやりかたを得意とする。外出先でも便利に仕事ができるガジェットやサービスが好物。

この記事を共有する

メールで送る Twitterで共有 Facebookで共有 Google+で共有
ノマドワーキング

ノマドワーキング
どこでも快適に仕事がしたい、「ノマド」なビジネスパーソン向けに面白くて役立つ記事をご紹介。ノマドワーキングを実践している方はもちろん、これから始めたいと思っている方の「明るく元気なノマドワーク」を時にライターが体を張って支援していきます。(原則毎営業日更新)

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。