手塚治虫の思想をビットで継承する――手塚プロダクションの電子展開(後編)

手塚治虫の思想をビットで継承する――手塚プロダクションの電子展開(後編)

▼手塚プロダクション 「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」「火の鳥」「ブッダ」…。数々の名作を遺し、日本のマンガ、アニメーションの礎を築いたマンガ家・手塚治虫。その作品の根底に流れるのは強い「人間愛」。作中では、「自然の […]

「ジャンプLIVE」が踏み出す、電子コミック界への新しい一歩(後編)

「ジャンプLIVE」が踏み出す、電子コミック界への新しい一歩(後編)

▼ジャンプLIVE 2013年8月1日、「ジャンプLIVE」というアプリがリリースされました。「ジャンプLIVE」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)のアプリ増刊。7月頭から第1号の予告キャンペーンが始まるや否や、ネットで話 […]

「ジャンプLIVE」が踏み出す、電子コミック界への新しい一歩(前編)

「ジャンプLIVE」が踏み出す、電子コミック界への新しい一歩(前編)

▼ジャンプLIVE 2013年8月1日、「ジャンプLIVE」というアプリがリリースされました。「ジャンプLIVE」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)のアプリ増刊。7月頭から第1号の予告キャンペーンが始まるや否や、ネットで話 […]

マンガエッグが見据える “マンガ好きに向けないマンガ”の可能性(後編)

マンガエッグが見据える “マンガ好きに向けないマンガ”の可能性(後編)

▼マンガエッグ 2009年にスタートした“マンガで読むニュース”「漫画の新聞」。このサイトを運営しているのが、マンガエッグです。マンガとアプリの制作を行い、自社媒体「漫画の新聞」だけでなく、毎日新聞と協業した「スマ町銀座 […]

マンガエッグが見据える “マンガ好きに向けないマンガ”の可能性(前編)

マンガエッグが見据える “マンガ好きに向けないマンガ”の可能性(前編)

▼マンガエッグ 2009年にスタートした“マンガで読むニュース”「漫画の新聞」。このサイトを運営しているのが、マンガエッグです。マンガとアプリの制作を行い、自社媒体「漫画の新聞」だけでなく、毎日新聞と協業した「スマ町銀座 […]

作家エージェント「コルク」が考える、デジタルで作品の価値を上げる方法(後編)

作家エージェント「コルク」が考える、デジタルで作品の価値を上げる方法(後編)

▼コルク コルクは、2012年10月に設立された作家のエージェント会社。設立メンバーは、元講談社の佐渡島庸平さんと三枝亮介さんです。佐渡島さんが主にマンガ、三枝さんが主に小説や評論を担当。契約作家は、マンガ家だけでも安野 […]

作家エージェント「コルク」が考える、デジタルで作品の価値を上げる方法(前編)

作家エージェント「コルク」が考える、デジタルで作品の価値を上げる方法(前編)

▼コルク コルクは、2012年10月に設立された作家のエージェント会社。設立メンバーは、元講談社の佐渡島庸平さんと三枝亮介さんです。佐渡島さんが主にマンガ、三枝さんが主に小説や評論を担当。契約作家は、マンガ家だけでも安野 […]

佐藤秀峰が考える、これからのマンガ家の生き方(後編)

佐藤秀峰が考える、これからのマンガ家の生き方(後編)

▼漫画 on Web 「海猿」「ブラックジャックによろしく」シリーズ、「特攻の島」など、数々の名作マンガを生み出してきた佐藤秀峰さん。1998年に『週刊ヤングサンデー』(小学館)でデビューし、代表作ともいえる「ブラックジ […]

佐藤秀峰が考える、これからのマンガ家の生き方(前編)

佐藤秀峰が考える、これからのマンガ家の生き方(前編)

▼漫画 on Web 「海猿」「ブラックジャックによろしく」シリーズ、「特攻の島」など、数々の名作マンガを生み出してきた佐藤秀峰さん。1998年に『週刊ヤングサンデー』(小学館)でデビューし、代表作ともいえる「ブラックジ […]

新しくなった「Yahoo! JAPAN」アプリ、オフラインでもニュースが読める「先読み」機能が便利

新しくなった「Yahoo! JAPAN」アプリ、オフラインでもニュースが読める「先読み」機能が便利

ヤフーはポータル「Yahoo! JAPAN」のスマートフォン向けアプリケーションを全面刷新し、ニュースリーダーとしての使い勝手を向上した。トップ画面からニュース一覧を簡単に閲覧できる他、自動で最新の記事を取り込み、電波環境が悪い場所に移動しても快適に読める。

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。