MS、「Windows 8」詳細を明らかに、プレビュー版も配布へ

米Microsoft(MS)は、新OS「Windows 8」の詳細を明らかにした。タブレット端末に向いたタイル状の操作画面、アプリケーション同士の相互連携、Windows 7からの性能向上、そして低消費電力のモバイル機器向けCPU「ARM」への対応などだ。

「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」にAndroidアプリ登場、無料で一部記事を閲覧可能

「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)日本版」のAndroid(アンドロイド)スマートフォン向けアプリケーションが登場した。対応OSはAndroid 2.1 Update 1以降で、アプリのダウンロードは無料。

アイ・オー、3万4800円のスタンド型Androidタブレット「alimo」発売へ

卓上で使えるスタンド型Androidタブレット端末「alimo(アリモ)」を、アイ・オー・データ機器が2011年8月下旬に発売する。価格はオープンだが、直販は3万4800円。

ドコモ、「Xperia acro SO-02C」を7月9日に発売

NTTドコモは「Xperia」シリーズの新モデルで、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信に対応した「Xperia acro SO-02C」を、2011年7月9日に発売する。6月28日から発売前日まで全国のドコモ携帯電話販売店で事前予約が可能。

イー・モバイルもテンキー付きスマートフォン「S42HW」、テザリング対応

イー・アクセス(イー・モバイル)は2011年夏モデルとして、国内初のテンキー付きストレート型Androidスマートフォン「S42HW」などを7月以降順次発売する。

ソフトバンク、テンキー付き折りたたみ防水スマートフォンを6月17日発売

ソフトバンクモバイルは、タッチスクリーンに加えテンキーを搭載した折りたたみ型の防水Android(アンドロイド)スマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH」を2011年6月17日に全国発売する。従来の携帯電話に近い操作性が話題になっていた(関連記事)シャープ製端末。

ソフトバンク、携帯電話のような使い勝手のスマートフォン「THE HYBRID 007SH」

ソフトバンクモバイルは、タッチスクリーンに加え従来の携帯電話のようなテンキーを搭載した折りたたみ型のAndroid(アンドロイド)スマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH」を2011年6月上旬に発売する。
 シャープ製で、ディスプレイ部分を180度回転させることが可能なスウィーベル機構を採用する。

富士通、キーボード付き折りたたみスレートPC

富士通は、キーボードとタッチスクリーンを両方備えた折りたたみ型のノート/スレート型パソコン「LIFEBOOK TH40/D」を2011年6月下旬に発売する。10.1型ワイドで、「Windows 7 Home Premium」を搭載し、直販価格は7万9800円。

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。