[データ] 適切なパスワードを設定している人は半数未満、IPAがセキュリティ意識調査

[データ] 適切なパスワードを設定している人は半数未満、IPAがセキュリティ意識調査

インターネット利用者のうち適切なパスワードを設定している人は半数に満たない。またスマートフォンについてウイルス感染防止の対策をしている人は4割を下回り、安全確保のための基本は未だに浸透していない。こんな調査結果を情報処理推進機構(IPA)がまとめた。

パスワードをクラウド上でまとめて管理、トレンドマイクロが無料ツール

パスワードをクラウド上でまとめて管理、トレンドマイクロが無料ツール

トレンドマイクロは、インターネットサービスに必要なIDとパスワードをクラウド上でまとめて保存、管理し、自動入力できるツール 「パスワードマネージャー」の無料版を2012年8月14日までの期間限定で公開した。登録できるIDとパスワードの組み合わせは5件までと制限があり、実用性は不十分だが、秋には登録数が無制限の有料版が登場する見込み。

ヤフー、ログイン用パスワードだけでなくIDも秘密にする「シークレットID」導入、安全性を強化

ヤフー、ログイン用パスワードだけでなくIDも秘密にする「シークレットID」導入、安全性を強化

ヤフーは、さまざまなインターネットサービスで採用している「Yahoo! JAPAN ID」の不正利用を防止するため、本人だけが知ることができる「シークレットID」の導入を開始した。ログインに使うパスワードだけでなくIDも秘密にし、ソーシャルメディアなどには別のIDを表示することで、安全性を高める。

2011年の「最悪なパスワード」トップ25発表、1位は「password」、米SplashData

インターネットサービスにログインするためのパスワードは、多くの人が使いたがるようなものほど見破られやすく危険だ。パスワード管理アプリケーションを開発する米SplashDataは、2011年の最もありふれた「最悪」なパスワード25種類をまとめている。

「Firefox 7」ベータ版が早くも利用可能に、メモリー使用を20ー30%減らし高速化

米Mozilla(モジラ)は、最新のWebブラウザ「Firefox 7」のベータ版(試用版)を公開した。パソコンのメモリー使用量を大幅に減らし、応答性や起動速度、ページの読み込み時間などを改善している。

お台場・ヴィーナスフォートで無料Wi-Fiが利用可能に

東京・お台場の商業施設「ヴィーナスフォート」で新たな公衆無線LANサービスが利用可能になった。誰でも3時間、無料で接続できるほか、「Wi2 300」や「au Wi-Fi SPOT」といった既存サービスに登録していれば自由に利用できる。

数百のサイトを開きっぱなしで作業できるブラウザ「Sleipnir for Windows 3」

別々のWebサイトを表示した「タブ」を数百も開きっぱなしにしたまま作業ができる国産のWebブラウザ「Sleipnir(スレイプニル) for Windows 3」が登場した。開発元のフェンリルが出荷候補版(RC2)として公開している。

Dropbox用の無償データ自動暗号化ソフト登場、ExcelやWordを簡単に保護

オンラインストレージ「Dropbox(ドロップボックス)」にExcel、Word、PowerPopintの文書を保存する際、自動で暗号化するソフト「HGSEALED AutoPassword(エイチジーシールド・オートパスワード)」の無償版配布が始まった。専用Webサイトからダウンロードできる。

Dropbox、バグで他人の情報を閲覧し放題に ― 4時間弱

仕事の資料などを持ち歩く際に便利なオンラインストレージとして人気が高い「Dropbox(ドロップボックス)」のサービスで一時、任意のパスワードを入力して他人のアカウントにログインできる状態になっていたことが分かった。Dropboxによると、システムのバグ(不具合)によるもので、すでに修正したという。

ソニー、今度は「ソニーポイント」28万円分盗まれる ― パスワード変更など自衛が必要

ソニーグループのポイントサービス「ソニーポイント」28万円相当が「なりすまし」によって盗み取られた。ソニーマーケティングが明らかにした。

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。