グリー、アジア・欧州・南米の5カ国に子会社を設立

SNS大手「GREE(グリー)」は、韓国、シンガポール、英国、オランダ、ブラジルの5カ国に順次子会社を設立する。グリーは、スマートフォンが世界的に普及する中で国際展開を急速に進めており、2011年1月に北米子会社GREE Internationalを設立し、4月にはスマートフォン向けソーシャルゲームプラットフォームを運営する米OpenFeintを子会社化した。

ソニー・東芝・日立、スマートフォンやタブレット向けディスプレイ事業を統合

ソニー、東芝、日立製作所が、スマートフォンやタブレット端末向けの中小型ディスプレイ事業を統合する。3社に加え官民出資の投資会社である産業革新機構(INCJ)が合意した。

ローソン、書籍・DVDなどの総合通販サイト「エルパカ」開設、共通ポイント「Ponta」対応

ローソンは、エンターテインメント分野の総合ショッピングサイト「LAWSON HOT STATION エルパカ」を開設した。ローソングループの各サイトで取り扱ってきたチケット、CD/DVD、グッズ、書籍など約350万点を集約している。

GyaO、海外に日本コンテンツを字幕つきで配信、「正規版」流通で海賊版対策

ヤフー子会社のGyaOは、海外に向けて、英語や中国語の字幕をつけた日本の映像コンテンツをインターネット配信する取り組みを始めた。日本の映像コンテンツが海外で強い需要、人気がある一方で、違法投稿動画による権利侵害が後を絶たない状況を踏まえ、正規版の配信で、海賊版対策を取ろうという狙いだ。

DeNA、米国の携帯電話大手AT&Tと提携、GREEは中国のネット大手と協力

SNS大手「Mobage(モバゲー)」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)は、米国の携帯電話大手AT&Tと協力し、米国市場でMobageの普及を図る。一方、同じくSNS大手の「GREE(グリー)」も中国のインターネットサービス大手Tencent(テンセント)と協力するなど、国内SNS大手の海外進出が加速している。

ソニー155億円の赤字、ハッカーとの戦いで不正アクセス対策費なども重荷に、4ー6月期

ソニーがまとめた2011年4ー6月期の連結業績は、純損益が155億円の赤字に転じた。前年同期は257億円の黒字だった。震災の影響やエレクトロニクス事業の環境悪化で減収減益になったうえ、不正アクセス対策のセキュリティ強化費用が重荷になっている。

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。