サイトの改ざんを検知、自動で修復するサービス

Webサイトの改ざんを検知すると、自動で該当部分を修復し、ウイルスなどによる被害を抑えるサービス「SITE PATROL CLOUD」が2011年10月17日から開始する。セキュリティ対策サービスとネットワーク管理製品を手がける日本ITセキュアが運営する。

「一太郎」悪意ある文書開くとPC乗っ取られる恐れ、対策の更新モジュール公開

ジャストシステムは、ワープロソフト「一太郎」シリーズに脆弱(ぜいじゃく)性が存在し、それを悪用した不正な攻撃を受ける危険があると発表した。脆弱性を修正するための更新モジュールを専用Webページで公開している。

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。