SNS利用目的、mixiとFacebookは「リアルな友人との交流」、GREE、Mobageは「ゲーム」「暇つぶし」

大手SNSの主要な利用目的をサービス別に見てみると、「mixi」「Facebook」の利用者はそれぞれ「リアルな友人とのコミュニケーション」を挙げる割合が6割を超えて最も高い。一方「GREE」「Mobage」利用者は「ゲーム」が6割超で主要な目的なのはもちろん、「暇つぶし」が過半数の水準だ。

スマートフォン利用者、有料コンテンツに積極的な「ミーハー層」が最多に

iPhone(アイフォーン)やAndroid(アンドロイド)スマートフォンの利用者では、有料コンテンツに積極的な「飛びつきミーハー層」が最多の3割を占める。こうした調査結果をIMJモバイルがまとめた。

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。