【週末版】防災の日、チェックすべきネットの災害対策ツールまとめ

【週末版】防災の日、チェックすべきネットの災害対策ツールまとめ

2012年9月1日の防災の日に合わせて、インターネットサービス各社が災害対策ツールを公開している。総務省もこれらのツールをまとめたポータルを立ち上げており、自分に合ったものを探しやすくなっている。

Facebookが災害用伝言板をスタート、災害時の情報インフラとしての役割

Facebookが災害用伝言板をスタート、災害時の情報インフラとしての役割

Facebookが日本先行サービスとして、災害用伝言板をスタートしました。この機能については、2月28日〜29日までの期間、テスト運用が行われていたので、気づいた方も多いのではないでしょうか。 今回は、災害伝言板の基本的 […]

今年の重大ニュースをモバイル的視点で見てみると…

クリスマスも終わり、年越しに向けて慌ただしくなっている今日この頃。そろそろ、2011年をまとめる雰囲気が漂ってきました。その最たるものが、様々なメディアが取り上げる10大ニュース。そこで今回は、今年起きた重大ニュースのい […]

ソニー155億円の赤字、ハッカーとの戦いで不正アクセス対策費なども重荷に、4ー6月期

ソニーがまとめた2011年4ー6月期の連結業績は、純損益が155億円の赤字に転じた。前年同期は257億円の黒字だった。震災の影響やエレクトロニクス事業の環境悪化で減収減益になったうえ、不正アクセス対策のセキュリティ強化費用が重荷になっている。

スマートフォン向けマルチメディア放送「モバキャス」2012年春開始、地デジ移行後の空き帯域

地上アナログ放送の停波によって空く周波数帯を使って、スマートフォンなどに向けたマルチメディア放送を行うサービスが2012年春から始まる。サービス名は「モバキャス」と決まり、ロゴなども公開された。

ネット検索「NAVER」ユーザー1400万人超に、1年間で2.5倍に拡大

インターネット検索サービス「NAVER(ネイバー)」は2011年6月時点で利用者数が前年の2.5倍、1473万人にまで達した。アクセス数は3.9倍の2億4630万ページビュー(PV)を突破している。

都内のセブン-イレブンをWi-Fi拠点に、NTT東とセブン&アイ

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」などの店舗を公衆無線LANサービスの拠点とし、買い物だけでなく、インターネットを介してさまざまな情報を取得できるようにする。こうした計画を、セブン&アイ・ホールティングスとNTT東日本が明らかにした。

電通など、電子雑誌配信サービス「マガストア」で震災復興支援プロジェクト

電通とヤッパは、両社の提携事業である電子雑誌配信サービス「マガストア」で、東北地方太平洋沖地震の復興支援プロジェクトとして「MAGAdonation」を2011年7月から順次開始する。震災復興のために活動するNGO、NPOを対象に、それぞれの団体を多くの人を知ってもらうための手助けをしようというもの。

国内クラウド市場は2015年に2557億円規模に、IDC Japanが上方修正

IT専門調査会社のIDC Japanがまとめた国内クラウドサービス市場に関する調査結果によると、2011年の同市場規模は前年比45.6%増の660億円となり、2015年には2010年の5.6倍の2557億円に拡大する見込み。同市場は2010年―2015年に年平均成長率41.3%で推移すると予測している。

日本のITサービス、2012年にもプラス成長に、復興需要後押し

国内ITサービス市場は、2011年には東北地方太平洋沖地震の影響を受けて前年比1.8%減となるが、翌2012年以降は成長に転じ、2015年には5兆3455億円規模に拡大する。こうした調査結果をIT専門調査会社IDC Japanがまとめた。

bizmash.jpはニフティクラウドを利用しています。