31.2 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ7000枚を突破「...

パチスロ7000枚を突破「激アマ6.5号機」が好調! 叩き所が明確な斬新マシンも発表!! – パチマックス


「16万発」という驚異的な記録を達成した『Pルパン三世 2000カラットの涙』など、話題作を続々と発表しパチンコ分野を大いに盛り上げている平和グループ。

 そんな同社はパチスロ分野にも激熱マシンを投入している。出現率が大幅アップする「リーチ目確変システム」を搭載した人気シリーズが大きな注目を集めた。今回は上半期に導入したパチスロ機をピックアップしたい。

『Sルパン三世』

パチスロ7000枚を突破「激アマ6.5号機」が好調! 叩き所が明確な斬新マシンも発表!!の画像2
公式HPより

 1G純増約2.7枚の差枚数管理&セット継続型AT「スーパーヒーローズ」を搭載しており、通常時はチャンス役成立で前兆ステージへ移行。前兆ステージ「作戦会議」中は、ボーナス直撃のリーチ目出現率がアップする。もうひとつの前兆ステージ「マモーゾーン」は、突入した時点で初当りに大きな期待が持てる。

 AT「スーパーヒーローズ」突入時は5G継続の「チャレンジタイム」がスタート。継続中は全役で枚数上乗せ抽選が行われ、いずれかのリールに7絵柄が停止すればチャレンジ成功=そのマスに表示された枚数が加算される。

 

 規定枚数獲得後は「ラウンドゲーム」へ移行し、消化中はチャンス役成立でVストック抽選。Vストックがあればラウンドゲーム消化後に始まるチャレンジタイム成功が確定し、これらのループで出玉増加を狙う仕組みだ。

 7セット目消化後は「極限BATTLE」へ発展し、バトル勝利で上位AT「ゴールデンスーパーヒーローズ」への昇格に期待できる。出玉獲得へ繋がる「ルパンフィーチャー」「マモーフィーチャー」といった上乗せ特化ゾーンも注目だ。

 AT終了後は「トリガーチャンス」へ突入。3G間にチャンス役を引ければAT再突入で、失敗しても作戦会議へ移行する。ダブル引き戻し区間によるトータル引き戻し期待度は約25%だ。

 導入後の反応は様々だったが、「しっかりとパチスロを打ってる感じがする」「やれるAT」などポジティブな意見も多く浮上した。

『Sキャッツ・アイ』

パチスロ7000枚を突破「激アマ6.5号機」が好調! 叩き所が明確な斬新マシンも発表!!の画像3
公式HPより

 平和初の6.5号機はボーナス+ATタイプ。ボーナス後は必ずAT「キャッツ・タイム」へ突入する仕様だ。ボーナスはハイパービッグ(約125枚獲得)、ビッグ(約104枚獲得)、キャッツ・ボーナス(約72枚獲得)の3種類。いずれも消化中は“レア役の一部”や“ビタ押し成功”でATのゲーム数上乗せ抽選を行う。



Source link

最新記事

もっと探る