26.3 C
Tokyo
Home経済最新ニュース「アキュラ撤退」明暗わかれ...

「アキュラ撤退」明暗わかれる中国の高級車市場 | トレンド | 東洋経済オンライン


アキュラの主力モデルであるSUVの「RDX」(写真:ACURA)

ホンダは2022年4月、ホンダと広州汽車の合弁会社である「広汽ホンダ」で生産する高級車ブランド「アキュラ(謳歌)」の生産・販売を2023年に停止すると発表した。

2020年に撤退した欧米大手自動車メーカーのステランティス傘下の高級車ブランド、DSに続き、コロナ禍となって中国から撤退した高級車ブランドの第2号となる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2016年に中国で生産を開始したアキュラ車の販売台数は、2017年に前年比80.4%増の1万6348台となったものの、新車投入の遅れやブランド認知度の低下などにより、2021年には6600台にまで落ち込んでおり、生産撤退を余儀なくされた格好だ。

中国政府が感染防止対策で講じた「ゼロコロナ政策」が、外出制限が敷かれた都市部での新車市場を直撃した一方、中国国内の高級車市場は依然として好調が続いている。高級車ブランドの販売台数は、2021年に前年比20.7%増の347万台に達し、2015年の約2倍まで膨らんでいるのだ。

2015年に6.1%だった乗用車市場に占める高級車のシェアは、2022年1~6月には16.4%へと大きく上昇している。しかし、急激にBEVシフトが進む中、最新の技術を搭載する高級BEVが登場したことにより、高級車市場におけるガソリン車ブランドとBEVブランドの動きは対称的で明暗がわかれており、中国高級車市場には変化が生じている。

BBA(BMW、Benz、Audi)の強さ

1つめの変化は、ドイツ系3社の値下げ戦略だ。中国の高級車市場では、早い時期に現地生産を行い、富裕層に浸透し続けている「BBA」(BMW、Benz、Audiの頭文字)のドイツ系3社は、ブランド力で他社ブランドを圧倒している。

200万台超の生産能力を形成するこの3社は、基幹部品も輸入から現地生産に切り替え、一層のコスト削減を実現させた。たとえば、アウディの車両平均価格は、2021年に32.5万元まで下がり、レクサスの平均価格より16%安くなっている。

そうした結果、ドイツ系ブランドは、大衆車ブランドの購入層の一部をハイエンド車にシフトさせることに成功した。





Source link

最新記事

もっと探る