7.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ新台「一撃92,0...

パチンコ新台「一撃92,000発」の華々しいデビュー! その裏では厳しい意見も浮上!? – パチマックス


 7月4日からの週は、ファン注目のパチンコ新台が一挙にデビューを果たした。今回は、それら機種がホールでどのような活躍を見せているのか。ユーザーの感想などを交えて紹介したい。

 はじめにピックアップするのは、「最大7500発×高ループ」という圧倒的スペックを実現させたミドルタイプだ。

『P真・一騎当千』(大一商会)

パチンコ新台「一撃92,000発」の華々しいデビュー! その裏では厳しい意見も浮上!?の画像2
公式HPより

■大当り確率:1/319.7

■特図2実質確率:1/3.64

■「真・覇王演義」突入率:約73.2%

■「真・覇王演義」継続率:約80.0%

■賞球数:1&4&10&15

■ラウンド/カウント:10Ror3Ror2R/10C

■大当り内訳

・左打ち

「300発+RUSH突入」63%

「300発+ファイナルバトル」37%

・右打ち

「平均約3550発(3000~7500発)」約15.1%

「平均約1770発(1500~2999発)」約63.2%

「平均約590発(350発~1499発)」約21.7%

○○○

 RUSH「真・覇王演義」突入率は約73.2%。間口が広い安定型スペックながら、継続率は約80%と高く連チャンにも期待できる仕上がりとなっている。

 RUSHは「時短1回+残保留4回」の最大5回転で1/3.64を射止めるゲーム性。ここでの大当りは一気に放出される仕組みで、5回全てが1500発となった際は「最大7500発」を獲得可能だ。

 実際に遊技したユーザーからは「右打ちが楽しかった」「RUSHは破壊力がある」など反応も上々。また「一撃92,000発」を筆頭に、景気の良い出玉も続々と報告されていた。今後の更なる活躍に期待が高まるばかりだ。

『PAビビッドレッド・オペレーション Sweetもも99ver.』(ニューギン)

パチンコ新台「一撃92,000発」の華々しいデビュー! その裏では厳しい意見も浮上!?の画像3
公式HPより

■大当り確率:1/99.90→1/93.89

■ST回数:100回

■時短回数:70回or30回

■賞球数:1&2&3&4&10

■ラウンド・カウント:10Ror7Ror4R.10C

■大当り内訳

・特図1

「7R・約700発+時短70回」50%

「7R・約700発+時短30回」50%

・特図2

「10R確変・約1000発+ST100回」50%

「4R確変・400発+ST100回」50%

○○○

 続いてご紹介するのは甘デジ新台。初当り時に必ず7R・約700発を獲得でき、「時短70回or30回」が付与される。ここで引き戻すことができればST突入だ。

 ST回数は100回転で、右打ち中の大当りは50%で10R・約1000発を獲得可能。遊びやすく、安定した出玉獲得に期待できる仕上がりと言えるだろう。

 プレイヤーからは「突破がきつい」といった意見もあったが、出玉面に関しては「1000発に偏るとモリモリ増える」「必ず700発もらえるから遊びやすい」など前向きな意見が多く見受けられた。まとまった出玉も狙える甘デジとして、長期稼働を実現する可能性もあるだろう。



Source link

最新記事

もっと探る