8.7 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル甘デジ「初回連チャン&10...

甘デジ「初回連チャン&1000発オーバー」の秀逸RUSH!! – パチマックス


「初回連チャン&1000発オーバー」の秀逸RUSH!!

 ブラッド・ピットが俳優引退を示唆したという。現在58歳。すぐに表舞台を去ることはなさそうだが、ブラピの愛称で親しまれてきた名俳優のキャリアも終盤に差しかかっている。

 ブラピといえば「リバー・ランズ・スルー・イット」で監督でもあるロバート・レッドフォードの再来と呼ばれる美貌で世界の女性を虜にしたが、俳優としての名声を確かなものにしたのは「セブン」ではないだろうか。

 みんな大好き「ファイトクラブ」も甲乙つけがたいが、キリスト教にある七つの大罪をモチーフにした連続猟奇殺人というテーマと重厚な物語、そして衝撃的な結末とブラッド・ピットという才能が開花した作品である。

パチンコの「七つの大罪」といえばコレ

デジハネP七つの大罪エリザベスVer.』は、同タイトルのアニメをパチンコ化したマシンの甘デジタイプ。設定付きの1種2種混合機で、ミドルやライトミドルタイプの兄弟機のゲーム性をそのままに遊びやすくした機種になる。

 大当り確率は設定1の約1/129.8から設定6の約1/80まで6段階。右打ち中の確率も設定によって変化する(約1/13.67(設定1)~約12.83(設定6))ので、高設定ほど勝ちやすくなる。

 出玉増加は時短「SEVEN RUSH」が担う。初当りの50%で突入するRUSHは、時短回数が7回、14回、99回の3パターン存在。もちろん、回数が多くなるほど連チャン率はアップし、99回なら次回大当り濃厚となる。

RUSH突入で2連チャン(1000発オーバー)が濃厚

 特徴的なのは、初当りからRUSHへ突入する際は必ず時短99回が選択される。つまり、RUSH初回は連チャンが約束される安心設計となっている。また、通常時の大当りはすべて最大出玉となる10ラウンド約800発なので、RUSHに突入すれば最低でも1000発以上の出玉を獲得できるのである。

 2連チャン目以降は3つの時短がそれぞれ7回=45%、14回=35%、99回=20%の割合で振り分けられており、トータルの継続率は約61.5~63.2%となっている。

 時短「SEVEN RUSH」が終了すると保留4個分で展開する「全反撃(フルカウンター)チャンス」に移行。主役のメリオダスが技を繰り出せば大当りとなるシンプルだがアツい4回転となる。

 この保留での抽選を加味したRUSHの総合的な継続率は約71.6~73.4%。右打ち中は大当りの34%が10ラウンドとなるので連チャンと出玉性の両方を兼ね備えたスペックの甘デジと言えよう。2000~3000発ほどの出玉は造作もない。

 原作はアーサー王伝説の前日譚となっているが、甘デジのアーサー王たるポテンシャルでいまなお稼働している秀作マシンである。

(文=大森町男)

<著者プロフィール>

 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】

特大級の超甘デジが勢揃い! 遊びやすいのに「一撃2400発」「1500発比率50%」など魅惑のスペックが登場!【Pアワード2022上半期―甘デジ・ライト部門―】

パチンコ「楽々と5万発オーバー」達成! ○○を打てば年間10万発も夢じゃない!?

パチンコ新台「1/27.3当選で7000発」の超一撃!!



Source link

最新記事

もっと探る