23.4 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル自分でハメて自分で出す!?...

自分でハメて自分で出す!?…現時点でのパチスロ6.5号機の短評️【ゴトロニの人生4コマスベリ】 – パチマックス


現時点でのパチスロ6.5号機の短評️

■開始・即・斬の展開に心が耐えられれば優勝かも!?

 皆さん、うおおおおおおおおお!

自分でハメて自分で出す!?…現時点でのパチスロ6.5号機の短評️【ゴトロニの人生4コマスベリ】の画像2

 株価がロクに上がらないうちに世界的景気後退の話が上がっているんですけど!

株価に景気後退は敵なんですけど!!

 ホラーゲームによくある「生まれる前に死んでしまった」というお約束的クリーチャー状態じゃねーかというわけで、己の株券購入センスがゼロなことに軽いめまいを起こしつつ、今回もパチスロのテキトーな話をしていきましょう。

 それでですね、ここ2回は印象に残る制御を保有していたマシンについて語ったわけですが、今回は「今」に移して、話題沸騰中の6.5号機について自分なりの見解を少々。

あれ? 実は6.5号機って良くね?

 盛り上がっている理由の多くはそのAT性能に対する期待感だと思います、出玉のね。

 もちろん一撃性能は間違いなく上がっていまして、純粋に一回の有利区間完走で3千枚オーバーも発生するなど夢は出てきたなって感じです。

ただなぁ…ってのが天邪鬼なゴトロニさんの意見。

 まず、この6.5号機に合わせたAT性能を持たせるとなると、快速出玉の高純増タイプの可能性はほぼゼロ。高くても3枚をちょっと超えるか、状態に応じて2枚⇔4枚といった切り替えるパターンかのどちらかでしょう。

 ただ、私は5号機の前半で多かった1.5~2.0枚の純増タイプが好きなので、これは嬉しいかも…って、あれ? 実は6.5号機って良くね?

 で、次が6.5号機の懸念点の本命でして、AT終了後の引き戻しの弱さ。

引き戻しにも2種類あると思いますが、一つはAT完走後の即連(①)。

 AT終了→有利区間リセット→CZなどの経由からATが当りやすいというバランスの場合、完走率を上げるためにAT開始時の特化ゾーンでドカンと上乗せするタイプとなると、出玉試験的に「いよいよどうやって吸い込むんじゃい」となってしまうわけで、自ずと2連続で跳ね散らかす可能性がそんなにあるように作れるとは思えないというのが一つのポイントであります。

 常識的に考えると非常に薄くなりますよね。それは即ち、多くの死者の上に成り立つ1回の大爆発という恐怖が…。

 もう一つは、天国モードなどでの引き戻しで、主にAT終了後のモード振り分けで天井が100Gとかに用意されているヤツです。



Source link

最新記事

もっと探る