23.4 C
Tokyo
Home経済最新ニュース米国の経済指標から目を離す...

米国の経済指標から目を離すな! インフレ懸念は予断許さず…(8月15日~19日)【株と為替 今週のねらい目】: J-CAST 会社ウォッチ


   米国株が上昇している。7月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ったことで、インフレ懸念が後退した。米国株の上昇に伴い、東京株式市場の日経平均株価も2022年8月12日には2万8000円台に回復してきた。

   ただ、インフレへの懸念は予断を許さない状況が続いている。FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ発言や米国の経済指標のゆくえには注目が必要。引き続き、台湾情勢をめぐる米中の緊張感の高まりも気になる。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!


  • 米国株の上昇は続くのか!?(写真は、米ニューヨーク ウオール街の高層ビル群)

  • 米国株の上昇は続くのか!?(写真は、米ニューヨーク ウオール街の高層ビル群)

東京株式市場 2万9000円台を試す?

日経平均株価予想レンジ:2万8000円~2万9000円

2022年8月12日(金) 終値 2 万8546円98銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、高値もみ合いか。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、続伸した。米国の7月の消費者物価指数が市場予想を下回り、インフレ懸念が後退したことで、米国株が大幅に上昇し、日経平均株価の上昇をけん引した。

   今週の日経平均株価は、高値もみ合いとなりそうだ。国内の企業決算がピークを越え、材料不足のなか、米国株の回復が相場の下支えとなりそうだ。

   相場の上昇につながる好材料次第では、日経平均株価は2万9000円を試しに行く可能性もある。ただ、米国のインフレ懸念は後退したものの、米国景気に対する懸念は残っている。米国の経済指標の結果には注意が必要だ。



Source link

最新記事

もっと探る