7.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル文鮮明は米共和党主流に食い...

文鮮明は米共和党主流に食い込んでいた! ブッシュ元大統領(父)はウルグアイで文の神学校に尽力! 布教のため育成の日本人女性4800人が8000万ドル資金洗浄! Free Press記事全文仮訳!【後編】


 別記事で前編をお伝えしたFree Pressの記事「カルト・リーダーでCIAアセット(スパイ)、ブッシュ・ファミリーの友人の文師死す」全文仮訳の後編である。

 なぜ統一教会が、警察の摘発を止めさせるほど強い影響力を、自民党政権に対して持つのか? それは、統一教会が米国の権力中枢に、その資金力で食い込んでいるからではないか? との仮説を裏付けるのが、Free Pressの記事である。

 記事前半では、そもそも統一教会を韓国中央情報局(KCIA)が作ったこと。終戦後、戦争犯罪人として投獄された笹川良一氏と児玉誉士夫氏をCIAが釈放し、笹川氏が文鮮明氏の資金源となったこと。彼らが「世界反共連盟」などを結成、レーガン政権をはじめ米共和党の政治家に食い込んで、「イラン・コントラ事件」等で暗躍したこと。特に2代にわたり大統領を務めたブッシュ父子との特別な関係を明らかにした。

 後編では、ブッシュ(父)元大統領はじめ米共和党との密接な関係をさらに詳述する。

 文氏は、ブッシュ氏と提携し「彼を大統領にした」と主張した。ブッシュ氏が東京ドームで5万人を前に文師夫妻を称揚した、謝礼1千万ドルともいわれる講演。ブッシュ氏がウルグアイの文氏の神学校開設に尽力し、日本人女性4200人を育成したが、彼女たちは8000万ドルの資金洗浄で告発されたことなど、文氏とブッシュ氏との根深い関係の証拠は枚挙にいとまがない。

 また、文氏はフォード元大統領など数々の共和党の大物に小切手をばらまき、「米国最大の洗脳者と非難されている男が、共和党の主流に入ってきた」と評された。

 さらに、統一教会はトランプ前大統領支持層と重なる右派一般大衆にも浸透していることから、次回大統領選にトランプ氏が出馬すれば確実に関与すると推測される。

 一方、Free Pressの記事が、文氏の高額なプロパガンダ装置として紹介した「ワシントン・タイムズ」紙に関しては、ジェフ・ベゾスやビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグなど、主要ネット企業創業者が1.4兆円から数百億円に上る寄付をしているという驚くべき情報がある。彼らは文氏の「共犯」と言わざるを得ないだろう。

 ビルゲイツ氏は、統一教会と自民党の関係が表沙汰になり、大騒ぎされていたただ中の8月18日に東京都内の自民党本部を訪れた。統一教会を介して深い仲にあるともいえるビル・ゲイツを自民党幹部は、何を話し合ったのだろうか !?

 詳しくは、記事本文を御覧いただきたい!

▲ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ(父ブッシュ)第41代米大統領(Wikipedia

文鮮明氏は「ブッシュ副大統領(父ブッシュ)と提携し、彼を大統領にした」と主張!

 以下から「カルト・リーダーでCIAアセット(スパイ)、ブッシュ・ファミリーの友人の文師死す」後編である。

 「文は保守派の中で一躍脚光を浴びた。1982年、タブロイド紙『ワシントン・タイムズ』が創刊されたのだ。ブッシュ副大統領(父ブッシュ)は、政治的に強力な文の組織と提携することの価値をすぐに見抜き、文はこの提携によってブッシュを大統領にしたと主張している。

▲「ワシントン・タイムズ」のウェブサイト
https://www.washingtontimes.com/

 ある元ムーニー(統一教会信者)のウェブサイトによると、1988年のブッシュ対デュカキスの戦い(1988年の合衆国大統領選挙。共和党の現職副大統領のジョージ・H・W・ブッシュが当選)の時、文師は信奉者たちに、もし悪のデュカキス(マイケル・デュカス マサチューセッツ州知事(当時))が勝ったら、米国からお前たちを追い出すと脅したそうである。

▲1988年の米国大統領選挙の前夜(1988年11月7日)、UCLAのポーリー・パビリオンで行われたキャンペーン集会でのマイケル・デュカキス。大統領選敗北後はカリフォルニア大学ロサンゼルス校公共政策学部教授を務めた。(Wikipedia、Photo taken by Hal O’Brien

文氏は、米国で脱税で1年収監されるも、州知事選挙に関与! 『ワシントン・タイムズ』損失1100億円以上でも、盟友・笹川良一氏の競艇収益で補填!

 文自身は、クリーン・ハンドを欠いていた。文は1982年に脱税で有罪判決を受け、1年間米国の刑務所に収監された。

▲米ネバダ州ラスベガスで講演する文鮮明(2010年)。(Wikipedia、David Roberts

 また、1982年には、オハイオ州コロンバスのオハイオ州立大学を拠点とする文の組織が、ジョン・ケーシック(元オハイオ州知事)を第12区の連邦議会議員に当選させることに貢献した。湾岸戦争の間、ムーニーたちが後援した全米自由連合(American Freeedom Coalition)は、国中で『軍隊を支持する』集会を組織した。

▲統一教会系組織が拠点としたオハイオ州立大学(Wikipedia、Robert Chriss

▲ジョン・ケーシック 元連邦議会議員 元オハイオ州知事。1982年の下院選挙で、統一教会系組織が当選に貢献した。(Wikipedia、Office of Ohio Governor John R. Kasich)

 フロントライン・ドキュメンタリー(米国の公共放送サービスで放映されているドキュメンタリー番組)では、ワシントン・タイムズ紙は文のプロパガンダの中で最も高価なものであり、その損失は8億ドル(約1106億円)に上ると推定されている。

▲ワシントン・タイムズの編集室(2008年)(Wikipedia、David All

 それでもフロントライン・ドキュメンタリーは、旧友の笹川(良一)が日本の高速艇ギャンブル産業を事実上独占していたため、米国の金庫に継続的に金が流れ込むようになっていたと主張している。

▲笹川良一氏(1990年代)(Wikipedia、Pnuao)

▲笹川良一氏が1962年設立した「日本船舶振興会」は、1996年一般呼称を「日本財団」に、2011年正式名称を同じく改称。その財源には、モーターボート競走法の規定によって、競艇の売上金の約2.6%(2007年3月、モーターボート競走法の改正がされる前は約3.3%)が充当されている。(Wikipedia、Lombroso

ブッシュ(父ブッシュ)前大統領が東京ドームで5万人に「文師夫妻は世界で最も重要な活動」と語った謝礼は1千万ドル!?

 ブッシュとムーニーの関係は、1995年9月に、文の妻が設立・指導するムーニーのフロント組織である『世界平和女性連合』のために、前大統領(父ブッシュ)が日本に1週間近く滞在すると発表したときに、大きな論争を引き起こした。





Source link

最新記事

もっと探る