8.9 C
Tokyo
Home日本のお金のニュース「母親はこうあるべき」とか...

「母親はこうあるべき」とか「所得制限」とか辛すぎる…日本の子育て環境“変わってほしい”こと – All About NEWS


母親にかかる負担が大きすぎる……

All About 編集部が独自に実施したアンケートによると、共通点として「母親への負担が大きすぎる」という回答が多くが寄せられました。

「ワンオペが当たり前、働いて当たり前みたいな感じ」

……という声が、全てを象徴しているかもしれませんね。子育てをする中で「つらい」「逃げたい」と感じた経験があるという人に、日本の子育て環境の“変わってほしいこと”について意見を寄せてもらいました。

 

「他人に頼れる環境」がほしい!

母親の負担が大きすぎるのであれば、誰かのサポートを受けられると理想的なのですが、身近に頼れる人がいないという人も多いようで……。

「買い物に連れて行くだけでもホントにしんどい……。買い物やリフレッシュしたい時にほんの数時間でもいいから気軽に子どもを預けられる場所があると助かる」(30代・女性)

「実家や義実家が近くなら助けてもらえるけど、そうじゃない場合の頼れるサポートサービスが地域ごとにあっていいと思います。たとえばママが体調不良の時に当日電話一本で子どもを面倒見てくれるとか……」(20代・女性)

「仕事をしていない人でも保育園をもっと利用できるといいのに。うしろめたさを感じなくて済む雰囲気があればいいな」(30代・女性)

各行政には子育て支援の仕組みがありますが、必要なときに必要なところに届いていないのが現状なのかもしれません。気軽に利用できるように登録を単純化したり子育て家庭に周知したり、気持ちのハードルが下がるといいですよね。

 

育児休業制度の仕組みを見直してほしい

「夜泣きが続いて眠くても、翌日仕事がある夫に頼るわけにいかない。男性の育休取得が増えてきてはいるけれど、まだまだ形だけに見える部分もあるのでもっと進んでほしいな」(30代・女性)

「男性も育児休業や時短勤務などをもっと利用できる環境になるといいなと思います。制度を利用することが当たり前の世の中になってほしい」(30代・男性)

「まだ日本は男は仕事、女は家庭という雰囲気が根強く残っています。もっと男性の育児休暇取得率をあげて、いかに育児が大変だということを男性にわかって欲しいです」(40代・女性)

まだまだ一般的とはいえない男性の育児休業の取得状況。希望する人すべてが堂々と取得できるような雰囲気になるといいですよね。

「育休はなぜ子どもの誕生日の一日前で終了なんでしょうか? せめて子供の誕生日を家族でお祝いしてから仕事復帰したい。私は仕事復帰が叶わず、結局退職することになってしまいましたが……」(40代・女性)

 

子育て世帯にはもっと「補助金」があってもいいのでは

子育て・教育にはお金がかかるという経済的理由で第2子、第3子の出産を諦めるという人も多いのが今の日本の現実。国の未来を担う子どもを育てているのだから、国からもう少し経済的に支援してもらえてもよいのでは……という意見も多く寄せられました。

「政府の子育て支援の額をもっと増やしてほしい。所得制限もなくしてほしい」(30代・女性)

「家事に割く時間を短くできれば、子どもにかかる時間も増えるし心に余裕をもてる。そのためには家事代行とか食事をテイクアウトにするとかお金が必要」(30代・女性)

「子供の教育に対する補助がもっとほしいです。習い事などさせたくてもお金がないとできない」(20代・女性)

 

元凶は「こうあるべき」という風潮!?

母親なら〇〇であるべき、〇〇すべきでない……といった風潮に苦しめられている人も多いようです。

「『母乳で育てないと』『離乳食は手作りで』など親の愛を試されるような情報はいらないし、偏った世の中の風潮が変わってほしい。何で育てたってじゅうぶんに愛はある」(20代・女性)

「母親だけが育児をするのが当たり前で、子どもの悪い部分を全て母親のせいにする風潮や、父親に育児の責任がないように考えている人には認識を変えてほしいと思う」(30代・女性)

「日本は母親が自分を犠牲にして子どもの面倒を見るのが美徳とされているけれど、もっと母親だって自由な時間を使える人権があっていいはずですよね?」(30代・女性)

「子育てが大変だと言うと『母親失格』とか『じゃ産まなければよかったのに』と返されることがありますが、そういうことではなく。子どもはカワイイですが、ちょっと一息つける時間がほしいだけなんですが……」(40代・女性)

特に手のかかる乳幼児期は、肉体的にも精神的にもハードなので、すべてを母親が担うのはそもそも無理な話。仕組みや制度の見直しはもちろんですが、まずは、子育てを頑張っているママたちを追い詰めるような風潮から変えていくべきなのかもしれません。

  【おすすめ記事】

子どもがよろこぶ褒め言葉ランキング! 3位「かしこい(頭良い)」、2位「かっこいい」、1位は?

子どもがよろこぶ「外食チェーン店」1位は?

子どもと「添い寝」、何歳まで許される?子離れできない母親が増殖中

「毎日かあさん」西原理恵子さんの娘による”毒親告発”で、日本の子育てSNS界隈が凍りついた件

増える児童虐待と子どもの自殺……日本の家庭に、何が起きているのか?



Source link

最新記事

もっと探る