7.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル崖っぷちパチンコメーカー、...

崖っぷちパチンコメーカー、待望の最新作は「電撃84%ループST」の大判振る舞いスペック! – パチマックス


このマシンを機に、不死鳥の如く蘇るか

 2022年5月30日付で民事再生法の適用を申請して保全監督命令を受けたパチンコメーカーの高尾はこのほど、人気シリーズ最新作『P銭形平次3 DENKOSEKKA』の機種PV及び動画「人気アイドルの皆さんに初めてパチンコをレクチャーしてみた!」をアップし、おおまかなゲーム性を公開した。

 これらによると、本機は大当り確率約319分の1の1+2種ループタイプで、通常時は10Rの「超銭BONUS(赤図柄揃い)、或いは3or10Rの「TAKA乙女BONUS」当選でRUSH「電光石火モード」へ突入。3Rの「BONUS(青図柄揃い)」は電光石火チャレンジ成功で電光石火モードへと繋がり、これを含めたトータルRUSH突入率は52%となるようだ。

崖っぷちパチンコメーカー、待望の最新作は「電撃84%ループST」の大判振る舞いスペック!の画像2

 また、超銭BONUSは昨今のトレンドである一撃出玉約3,000個保障となる模様。大量出玉を持った状態でRUSHに挑めるだけに、心にゆとりも生まれる。

 電光石火モードは7カウント以内の大当りを引き当てられれば継続濃厚で、「銭combo」発生は10R+継続濃厚。0カウント後は10Rの「鬼滅BONUS」が始まり、ここで鬼面組を撃破できればRUSH復帰となるようだ。

 仮に鬼面組を倒せなければ「男だったらひとつにかけるモード」へ移行し、この間に大当りを射止めた場合もRUSHがリスタート。これらを加味したトータルRUSH継続率は約84%とのことだ。

 演出面については、九州発のアイドルグループ「LinQ」から高木悠未(担当カラー:パッションピンク)・新木さくら(同:さくらピンク)・海月らな(同:緑)・涼本理央那(同:赤)・金子みゆ(同:青)・吉川千愛(同:オレンジ)の6人が集結し、巫女姿の「TAKA乙女」として活躍。大当り中にはオリジナル楽曲を聞くこともできるようなので、アイドルファンには垂涎ものと言えるだろう。

 同社の『銭形平次』シリーズとしては、2017年に人気アイドルグループ「でんぱ組.inc」とコラボした『ぱちんこCR 銭形平次 with でんぱ組.inc』、2019年には大当り確率219.1分の1、トータルRUSH突入率約58.1%、トータルRUSH継続率約81.0%の『P銭形平次2』、大当り確率99.9分の1、確変突入率100%、ST継続率約85%の『P銭形平次2 疾風STVer.』が登場した。いずれも高評価だっただけに、本機への期待も高まるばかり。気になる導入は9月上旬を予定しているそうだ。

(文=編集部.)

【注目記事】

パチスロ「2年もの沈黙を破ってリリースされたECJの4号機第2弾」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.101】

パチンコ高継続ライトミドルで「1%の神ヒキ」炸裂!?

甘デジ「破格の1000発比率」で高報酬に期待!!



Source link

最新記事

もっと探る