8.9 C
Tokyo
Home日本語ITニュース3年ぶり『SMTOWN』N...

3年ぶり『SMTOWN』NCT、GOT the beat、aespaら東京ドームで競演 3daysで15万人熱狂 | ORICON NEWS


 韓国の大手芸能事務所・SMエンターテインメント所属のアーティストが集結するライブイベント『SMTOWN LIVE 2022 : SMCU [email protected]』3daysの最終公演が29日、東京ドームで開催された。日本では3年ぶり10回目となる今回は、BoAチャンミン東方神起)、SUPER JUNIORRed VelvetNCTaespaら16組54人のアーティストが3時間半にわたって全43曲を披露。27日からの3日間で15万人を動員する盛り上がりをみせた。

SMエンターテインメント所属16組54人が競演した『SMTOWN LIVE 2022 SMCU EXPRESS @TOKYO』

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る

 トップバッターを務めたのは、2020年11月にデビューし、日本開催の『SMTOWN』初登場となった4人組ガールズグループ・aespa。今月上旬、日本デビュー前にして行われた初来日イベント2日間4公演で2万人を動員したaespaが、初の東京ドームのステージでデビュー曲「BLACK MAMBA」を披露して幕を開けた。

 メンバーは声をそろえて「『SMTOWN LIVE 2022 : SMCU [email protected]』へようこそ〜!」とあいさつ。日本出身メンバーのGISELLE(ジゼル)は「SMファンの皆さん、会う日まで楽しみでした」とにっこり。リーダーのKARINA(カリナ)は「今日は思い切り遊びましょう」「見どころや楽しいポイントがたくさんあるので、皆さん最後まで楽しんでくださいね。最高の思い出を作りましょう」と呼びかけ、「Next Level」でも魅せた。

 爆発的な盛り上がりをみせたのはNCTだった。5〜6月にかけて日本ドームツアーを行い、5月末に単独で東京ドーム公演を開催したNCT 127は「gimme gimme」を披露後、TAEYONG(テヨン)が「楽しんでますか?」と問いかけると、会場中のライトが激しく揺れた。

 日本人メンバーのYUTA(ユウタ)は「先月も僕たちは単独コンサートをやらせてもらったんですけど、こんなにも早くSMの先輩方とこのようなステージに立ててすごくうれしく思っています」と喜ぶと、「4枚目のアルバムが韓国でリリースされます。そちらのほうも楽しみにしていてください」と呼びかけ、割れんばかりの拍手が沸き起こった。

 NCTとして21人で披露した「RESONANCE」は次々とメンバーが合流していき、圧巻のパフォーマンスに。さらに、開演前にNCT 127のインスタグラムで予告され、「ベビドン」がトレンド入りしていたNCT UのTAEYONGとTEN(テン)による「Baby Don’t Stop」では、センターステージの先端で2人が向かい合って顔を近づけ、観客の熱量が一気に上昇した。さらにNCT DREAMが「Glitch Mode」、極めつけはNCT 127の「Kick It」でドームが揺れた。

 また、NCTのSUNGCHAN(ソンチャン)とSHOTARO(ショウタロウ)が、練習生からなるSMROOKIESとともに日本初ステージを披露。「Dream Routine」のダンスパフォーマンスで沸かせた。中国拠点のWayVもこのユニットとしては『SMTOWN』初参加となり、「Kick Back」「Nectar」で沸かせた。

 日本公演ならではのステージとして、SUPER JUNIORのYESUNG(イェソン)がONE OK ROCK「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」をカバー。さらに、CHANGMIN(チャンミン/東方神起)、KYUHYUN(キュヒョン/SUPER JUNIOR)、MINHO(ミンホ/SHINee)の3人でAdoの「阿修羅ちゃん」をコミカルにカバーし、飛び跳ねながらノリノリで歌った3人は決めポーズで満面の笑みを浮かべた。

 5年ぶりに8人の完全体でカムバックしたことで話題を呼んだ少女時代からは、ソロアーティストとしても活動しているTAEYEON(テヨン)とHYOYEON(ヒョヨン)が出演。TAEYEONは「INVU」、HYOYEONは「DEEP」で貫禄のステージを披露した。2人で並び立つと、TAEYEONは「東京ドームの皆さん、お久しぶりです」、HYOYEON「『SMTOWN』を東京ドームですると聞いたとき、本当にうれしかったですし、皆さんに会えることにワクワクしました」と目を輝かせ、「ここに来れなかったメンバーにもちゃんと伝えます」と笑顔をみせた。

 5人組ガールズグループ・Red Velvetは、2019年の同イベント以来3年ぶりに全員そろって来日。4月にリリースした日本オリジナルアルバム『Bloom』タイトル曲の日本語曲「WILDSIDE」を世界初披露した。

 リーダーのIRENE(アイリーン)は「本当に久しぶりですね。たくさんのファンの皆さんが本当に恋しかったです」、WENDY(ウェンディ)は「皆さんも私たちを待ってましたよね。皆さんの応援が大きな力になっています」とそれぞれ日本語であいさつ。ハードな楽曲が続いていた終盤には、バッハ原曲の「G線上のアリア」をサンプリングした「Feel My Rhythm」をエレガントに披露。JOY(ジョイ)の笑顔が印象的なパートで盛り上がり、清らかな風を吹き込んだ。

 SMエンターテインメントの女性版“アベンジャーズ”、GOT the beatが日本初登場。白を基調にしたそれぞれ異なる衣装に身を包んだBoA、少女時代のTAEYEONとHYOYEON、Red VelvetのSEULGI(スルギ)とWENDY、aespaのKARINAとWINTERの7人は、年明けに韓国でリリースして話題となった「Step Back」を日本初披露。高いパフォーマンス力で魅了し、K-POPガールズグループ屈指の歌唱力を誇るTAEYEONやWENDYの高音が突き抜けた。

 トリを務めたSUPER JUNIORは、4月頭にさいたまスーパーアリーナでファンイベントを行って以来、約5ヶ月ぶりに来日。今回は、LEETEUK(イトゥク)、YESUNG(イェソン)、SHINDONG(シンドン)、EUNHYUK(ウニョク)、DONGHAE(ドンヘ)、RYEOWOOK(リョウク)、KYUHYUN(キュヒョン)の7人で「Sorry, Sorry」「Bonamana」「★BAMBINA★」で盛り上げ、「Black Suit」で締めくくった。

 ラストはSMファミリー全員で「Hope from KWANGYA」を歌い、銀テープが華やかに舞うなか大団円を迎えた。

■『SMTOWN LIVE 2022 SMCU EXPRESS @TOKYO』DAY3セットリスト
01. BLACK MAMBA/aespa
02. Next Level/aespa
03. Kick Back/WayV
04. Beatbox/NCT DREAM
05. Hot Sauce/NCT DREAM
06. Beautiful goodbye/CHEN(EXO
07. Way/ONEW(SHINee)feat.NINGNING of aespa
08. Hurdle/SUHO(EXO)
09. WILDSIDE/Red Velvet
10. C.h.a.o.s.m.y.t.h./YESUNG(SUPER JUNIOR)
11. gimme gimme/NCT 127
12. Sticker/NCT 127
13. DICE/ONEW
14. 阿修羅ちゃん/CHANGMIN(東方神起), KYUHYUN(SUPER JUNIOR), MINHO(SHINee)
15. Dream Routine/NCT(SHOTARO, SUNGCHAN)×SMROOKIES
16. ZOO/SM Rap Unit(TAEYONG, JENO, HENDERY, YANG YANG & GISELLE)
17. Eyes on you/KANGTA
18. Golden/RAIDEN(feat. XIAOJUN, SUNGCHAN)
19. INVU/TAEYEON
20. DEEP/HYOYEON
21. Heartbreak/MINHO(SHINee)
22. Bad Love/KEY(SHINee)
23. Peaches/KAI(EXO)
24. Shake/XIUMIN(EXO)
25. The greatest/BoA
26. Sorry, Sorry
27. Bonamana/SUPER JUNIOR
28. ★BAMBINA★/SUPER JUNIOR
29. Universe(Let’s Play Ball)/NCT U
30. RESONANCE/NCT
31. Step Back/GOT the beat(BoA, TAEYEON, HYOYEON, SEULGI, WENDY, KARINA, WINTER)
32. Devil/CHANGMIN(東方神起)
33. Fever/CHANGMIN(東方神起)
34. Gasoline/KEY(SHINee)
35. Baby Don’t Stop/NCT U
36. Glitch Mode/NCT DREAM
37. Girls/aespa
38. Feel My Rhythm/Red Velvet
39. Nectar/WayV
40. Kick It/NCT 127
41. Better/BoA
42. Black Suit/SUPER JUNIOR
43. Hope from KWANGYA





Source link

最新記事

もっと探る