8.7 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ新台『エヴァ未来へ...

パチンコ新台『エヴァ未来への咆哮』に続く歓喜の情報…「リーチの連続」で魅了した名シリーズ最新作に熱視線!! – パチマックス


Pフィーバーガンダムユニコーン』が好調の大手メーカーSANKYO。そんな同社は、今後も続々と大型パチンコ新台をリリース予定だ。

 特に注目を集めているのは、先日スペックが公開された『パチンコ新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』(ビスティ製)であろう。ハンドルが中央部分に備え付けられた新筐体「BIG IMPACT」も、大きな話題となった。

 注目のスペックは、大当り確率1/319.7のミドルタイプ。時短100回での引き戻しを含めたトータルRUSH突入率は約70%と、連チャンモードへの間口が広く設定されている。

 RUSH「IMPACT MODE」はST163回転で構成されており、継続率は約81%。更にここでの大当りは全て10R・1500発に期待できるという「大量出玉」も狙える設計だ。安定した突入率&強烈な爆発力、双方を兼ね備えたハイブリッドマシンと言えるだろう。

 SANKYO関連の注目すべき新台と言えば11月8日にデビュー予定の『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2 1/230ver.』ならびに『同1/77ver.』も忘れてはならない。

 前者は出玉性能がパワーアップし、後者は遊びやすさに磨きがかかった仕上がり。両機種ともシリーズお馴染みのゲーム性そのままに、新たに遊タイムが搭載されている点が特徴だ。

『新世紀エヴァンゲリオン』に『戦姫絶唱シンフォギア』と、激熱タイトルを次々にリリース予定。話題独占状態のSANKYOだが、これらに続いて熱狂的ファンを持つ“アノ名作”も動き出した。

 リーチの連続で大当りを予感させる古き良きゲーム性や、奥深い演出でユーザーを魅了した人気シリーズ。その最新作に熱い視線が注がれている。

『P J-RUSH5 HSJ』(ジェイビー製)

■大当り確率:1/288.7→1/35.7

■確変突入率:72%

■チャンスタイム:88回or89回or次回まで

■賞球:3&1&2&4&14

■ラウンド/カウント:10Ror3R(9カウント)/2R(1カウント)

■遊タイム:非搭載

○○○

『P J-RUSH5 RSJ』(ジェイビー製)

■大当り確率:1/199.8→1/30.6

■確変突入率:72%

■チャンスタイム:33回or34回or次回まで

■賞球:3&1&2&4&13

■ラウンド/カウント:10Ror3R(9カウント)/2R(1カウント)

■遊タイム:低確率500回転消化で時短758回

○○○

 シリーズ最新作『P J-RUSH5』より、ミドルとライトミドルの2スペックが登場。どちらも確変突入率72%と連チャン性能は変わらないが、今回は遊びやすさの際立つ後者(1/199Ver.)にスポットを当ててみたい。

 特図1の大当り振分けは「10R確変+電サポ33回」が28%、「10R確変+電サポ34回」が5%、「3R確変+電サポ33回」が22%、「10R通常+電サポ33回」が12%、「3R通常+電サポ33回」が16%となっている。確変状態で次回まで電サポが続くのは2R大当りのみという仕様だ。

 電サポ中の大当りは「3R or 10R」の2種類のみに変化し、電サポ回数も「33回or34回」となる。ヘソ・電チュー共に10R比率はトータル45%。遊びやすくも、まとまった出玉に期待できる仕上がりといえるだろう。

 また、本機には遊タイムが搭載されており、低確率500回転消化で「時短758回」が付与される。ハマリ救済として十分に役立ってくれそうな内容だ。

「過去作と同様に、確変中に電サポが切れた場合は潜伏確変となる仕様のようですね。根強いファンにとっては馴染みのゲーム性ですが、最近の主流を好むユーザーの反応は分かれるかもしれません。

ただ確変中の大当り確率は1/30.6なので、潜伏地獄に陥る心配もそこまでないと思います。遊タイムを搭載するなど強化された印象のスペックが、好評を得る可能性もあるのではないでしょうか。大当りを予感させるリーチの連続を手軽に楽しめる点も魅力ですね」(パチンコ記者)

『P J-RUSH5』の導入予定日は2スペック共に11月22日となっている。7セグで一世を風靡した名機が、再びホールを盛り上げるのか。その活躍に期待したい。

【注目記事】

パチスロ「衝撃のフラッシュ告知に大興奮」~4号機名機伝説~ チェリーバー編Part2【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.68】

パチスロ新台『マイジャグラーV』機械割の高さは「シリーズ最高峰」…ボーナスタイプの大本命がいよいよ降臨!!

4号機時代の「万枚製造機」が新スぺックで復活! 「燃える闘魂」の5号機第1弾【5号機回想~アントニオ猪木も燃えるパチスロ機編~】



Source link

最新記事

もっと探る