7.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ店「シマ閉鎖」のト...

パチンコ店「シマ閉鎖」のトラブル…あわや火災の危機!? – パチマックス


 装置産業であるパチンコ店にトラブルは付きもの。遊技機のトラブルから設備、人的なトラブルに至るまで、他業種と比べても何かとトラブルは尽きないと思うが…

 今回は、あわや火災の危険まであったトラブルの話だ。

このトラブルは初めての経験だった

 私自身はまだ役職者でもなくイチ社員という立場。例によってそこは田舎の山奥の小型店で、平日のお客さんはピークでも50~60人程度だ。しかし、その日は土曜日でお客さんはもう少し多かったと記憶している。

 いつも通りホールを巡回していた時のことだった。何の前触れもなく、突然パチンコ島の半列の遊技機電源が全て落ちてしまったのだ。しかも、そこはよりによって自店でもそれなりに稼働のある『甘海』の島であった。

 遊技機のトラブルは勿論のこと、設備自体がかなり古く劣化している自店ではトラブルが頻発する。そのため、様々なトラブルを経験し向き合ってきたが…このトラブルは初めての経験だった。

 その日は班長、私、アルバイトという3人体制だったため、すぐに班長を呼び対応してもらった。しかし、原因は全くの不明。班長自身も経験のない予期せぬトラブルだったのだ。

「プラスチックが燃えて溶けているような匂いがする」と…

 思い当たる個所を色々と探るも、電源が落ちた原因は全く見えてこない。真っ当な他店では起こらないであろうトラブルも珍しくないため、遊技していた数人の客も至って冷静。それは不幸中の幸いだっただろうか。

 しかし、全く対処できず時間は経つばかり。班長や私にも流石に焦りが見えてくる。どうすれば良いものかとテンパり始めたその時だった。



Source link

最新記事

もっと探る