8.9 C
Tokyo
Home日本のゲームイベントアルシンド「日本は僕にとっ...

アルシンド「日本は僕にとって第二の故郷」“鹿島→ヴェルディ禁断移籍”のウラ話、J2甲府加入の息子を“100%本音”で語る – Jリーグ – Number Web


30年目を迎えたJリーグは数々の名外国籍選手が在籍してきた。その中で草創期に強烈なインパクトを放ったのは鹿島アントラーズに所属したアルシンドだ。独特のヘアスタイルと得点嗅覚で輝いた彼は54歳になった今、何をしているのか。現役時代の秘話、さらにヴァンフォーレ甲府に加入した息子イゴールについて聞いた(全2回の2回目/#1も読む)

 アルシンドは、2シーズンに渡って鹿島アントラーズで活躍。なおかつ、ファンから非常に愛されていた。にもかかわらず、1995年、当時、鹿島の最大のライバルだったヴェルディ川崎へ移籍した。

鹿島からヴェルディに電撃移籍した真相とは

——鹿島からV川崎へ移籍した理由は?

「2つある。1つは条件面で、もう1つは鹿島に居づらくなってしまったから。1994年ワールドカップ(W杯)の期間中、Jリーグが中断し、ブラジルへ一時帰国した。30時間くらいかけて再来日した。夏だったので非常に暑く、長旅の疲れと時差ボケ(ブラジルと日本の時差は12時間)でヘトヘトになった。


 日本へ着いた翌日の午前、チャリティーゲームがあった。スポンサーがらみの試合だったと思う。疲れていたので、前半だけプレーしてホテルで休んでいた。すると、試合が終わり、『スポンサーとのイベントがあるので出席しろ』という指令があった。そんなことは聞いていなかったし、ひどく疲れていたから、『勘弁してくれ』と断わった。

 ところが、このことがクラブ関係者を怒らせてしまったらしい。この年の末に契約が満了したんだけど、クラブ側は契約更新にあまり乗り気じゃないと感じた。ただ、ひょっとしたら、これは僕がそう思っただけかもしれないんだけどね。その後、ヴェルディからオファーがあり、移籍を決意した」

——1996年は当時JFLのコンサドーレ札幌でプレーしますが、4月末の試合で主審を繰り返し罵って退場処分を受け、4試合出場停止。さらに6月の試合でも退場処分を受け、6月限りで札幌を退団してブラジルへ帰国します。当時、Jリーグの審判をどう思っていたのでしょうか?

「時折、首を傾げるような判定があったと感じていたのは事実だ。また、この頃、コリンチャンスからオファーを受けていた。フラメンゴと共にブラジルを代表する名門クラブであり、ここでプレーをしたくないブラジル人選手はいない。ただ、日本の審判の技術はその後、非常に進歩したんじゃないかな」

33歳で引退を決断した理由とは

 ——母国のコリンチャンスとフルミネンセに在籍した後、1997年後半、再びヴェルディ川崎でプレーします。

【次ページ】 鹿島にも所属した息子イゴールは中国などを渡り歩いた



Source link

最新記事

もっと探る