16.2 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ不遇の時代に「万枚...

パチスロ不遇の時代に「万枚突破」も!? 人気コンテンツをタイアップしたART特化型マシン! – パチマックス


「思い出深いマシン」や「印象に残っている機種」を取り上げる本コラム。今回は、『ジャグラー』シリーズなどで知られる北電子からリリースされた5号機『パチスロ これはゾンビですか?』について書いていきたい。

7人の女の子とキスで継続するART!

 通常時は主にレア役やボーナス、ゾンビ目から突入するCZを機にART当選を目指していく。

 ART「めっちゃフェスティボー」は、純増約1.9枚(ボーナス込み)、1セット約40G+αのセット継続タイプ。消化中は女の子とのキスを目指し、7人とキスできれば継続確定となる。キスできずにG数がなくなっても「妄想ちゃれんじ」に移行し、1人あたり80~98%で継続抽選が行われ、全員とキスできればARTを継続させることが可能だ。

 本機最大の注目ポイントは、ART中に突入するSPバトル「魔装バトル」。ARTのメインパート「湯ぐどらしるタイム」中の京子カード揃いなどから突入するループタイプのARTで、1セット15G、そして最大継続率は90%と高く、「魔装バトル」だけでロング継続させることもできる

 気になる最大ループ率の振り分けは約1/8。現実的に引ける数値となっているため、誤爆による有利区間完走というパターンも珍しくなかった。

 さらに突入時にはARTストックを1つ獲得、バトルが継続するたびに「妄想ちゃれんじ」のキス成功率アップ、消化中の成立役に応じて「にゃんにゃん券(1枚につき1人キス成功)」の獲得と、至れり尽くせりなARTとなっている。

大量ストックも可能な特化ゾーンがループする!?

「魔装バトル」中のゾンビ目などから突入する上乗せ特化ゾーン「魔装アタック」も強力で、最大12G継続する同特化ゾーン中は毎GでARTのストック獲得抽選(平均6個)を行う。そして終了後にはふたたび「魔装バトル」に移行するため、魔装アタック→魔装バトル→魔装アタック…とループによる大量上乗せも期待できた。

 このループによってまとまった出玉を創出し、5.9号機ではかなり難しい万枚突破を実現したほど。そのポテンシャルの高さは、当時トップクラスと言っても過言ではないだろう。



Source link

最新記事

もっと探る