23.8 C
Tokyo
Home経済最新ニュース設立相次ぐ「大学ベンチャー...

設立相次ぐ「大学ベンチャーキャピタル」の可能性 | 特集 | 東洋経済オンライン


東大を皮切りに、早稲田、慶応まで独自VCを設立。資金面だけではない支援も特徴だ。

早稲田大学ベンチャーズ共同代表の山本氏(左)と太田氏(右)

特集「すごいベンチャー100 2022年版」の他の記事を読む

9月12日発売の『週刊東洋経済』9月17日ー24日号では、「すごいベンチャー100 2022年最新版」を特集(アマゾンの購入ページはこちら)。注目のベンチャー100社(2022年最新版・全リストはこちら)の総力取材記事に加え、ベンチャー市場の最新トピックスも網羅する。

ベンチャーの中でも、大学での研究成果をビジネスに結びつける「大学発ベンチャー」が増えている。さらに、それを資金面で支える大学の独自ベンチャーキャピタル(VC)の設立が相次いでいる。

独自のVCが大学発ベンチャーの増加に寄与

早稲田大学は4月、早大独自のVCである、早稲田大学ベンチャーズ(WUV)を発足させた。8月には産業革新投資機構や大和証券グループ本社などからの出資を受け、56.6億円規模のファンドを組成。1年以内に同ファンドを最大100億円にまで拡大させる予定だ。

週刊東洋経済 2022年9/17-9/24合併号[雑誌](すごいベンチャー100 2022年最新版)

『週刊東洋経済 2022年9/17-9/24合併号[雑誌](すごいベンチャー100 2022年最新版)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

田中愛治総長は1月の設立表明時に、「大学との連携を強め、研究や特許情報を共有する独自のVCがベンチャー育成に重要」とWUV設立の背景を語った。早大は、特許情報などは共有するものの、WUVの株式を2割しか持たないことで、独立した経営を確保する。

経済産業省の調査では、早大の2021年時点のベンチャー数は100社で全大学中11位。前年から10社増加したが、トップの東京大学は329社、5位の慶応大学は175社とその差は大きい。

同調査を見ると、VCを設立する大学が上位を独占していることがわかる。国立大では04年に東大が、私大では15年に慶応、18年に東京理科大学がVCを設立している。





Source link

最新記事

もっと探る