23.4 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル「朝イチから確変」を打てる...

「朝イチから確変」を打てるサービスも!? パチンコ店の独自ルールに驚愕!! – パチマックス


様々なハウスルールが存在するパチンコ店

 店舗によって細かなハウスルールが設けられているパチンコ店。出玉を持っての台移動OKや、出玉の共有NGなど来店先によって「やっていいいこと」と「ダメなこと」がそれぞれ違うのは皆さんもご存じでしょう。

 初めて来店したホールで、何も知らずに遊技すると「それは禁止です」と注意された経験もあります。だからこそ台移動や共有を行う前に、注意書きを見るなりスタッフに聞くなりして予めルールを把握するようにしているのです。

 このように何かと気を付けなくてはいけないパチンコ店のルールですが、実は地域ごとに定められている特殊なものも存在します。

 その代表的な例を挙げるならば営業時間。東京では「10:00~22:45」ですが、もっと長く遊技できる地域も存在。私が昔住んでいた宮城県は「8:00~23:45」で営業しているホールもあります。

 今はどうか分かりませんが、数年前は「7時オープン」や「24時以降も営業」を実施していたホールもありましたね。他県に引っ越した際は、営業時間の違いに驚きを隠せませんでした。

地域ならではの知られざる特殊ルールを特集

 ただ、これはあくまでも一例に過ぎません。地域によって異なる特殊ルールは他にも存在。それを知ることができる興味深い動画が公開されてので、今回はそれをご紹介しましょう。

・「【日本全国】47都道府県のパチ屋独自ルールがちょっと笑えたりするwww し、笑えないモノもある

 人気のYouTubeチャンネル「パチ屋の裏研修」より公開された本動画。ユーザーから「うちの県には、こんなルールがあります」という内容のアンケートを集計し、その結果を発表している内容となっています。

「入場抽選が禁止」「コイン2枚以下でも台確保とみなされる」など、ユニークなルールの数々が紹介されていました。中には「それ地域関係あるのか?」とツッコミを入れたくなるものもあります。

 中でも興味を持ったのは「確変持越し」のサービスを未だに対応している地域があるということ。これは閉店間際に確変を取り切れなかった場合に、その続きを翌日の朝から打てるという激アツすぎるサービスです。

 これは一昔前に割と多く見かけたサービスで、私も数回だけ利用する機会がありました。朝から確変状態のパチンコ台を打てるという優越感と高揚感は、何物にも代え難い贅沢な気持ちにさせてくれました。1度だけ朝一から3万発ゲットした際の感動は、忘れられません。

 地域によって特色の異なる独自ルール。興味のある方は、ぜひ本動画を視聴してみてください。



Source link

最新記事

もっと探る