16.5 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ幻となった「衝撃の...

パチスロ幻となった「衝撃の連チャン」…今なお語り継がれる名機!! – パチマックス


今なお語り継がれる名機『コンチネンタル』

 先日、広島ホールで遊技した思い出深い1台を今回はご紹介させて下さい。1990年に瑞穂製作所がリリースした『コンチネンタルⅠ』です。

 当サイトでも幾度となく取り上げられていますし、何かと有名なコンチネンタルⅠ。BIGとREGのみというオーソドックスなAタイプでしたが、衝撃的な連チャンで全国を席巻しました。

 それまでにもノーマル、非ノーマルを含め意図的な連チャン性を備えたパチスロは存在しましたが、これほどまでに強烈な連チャンと極端なハマりという二面性を持ったマシンは初めてだったのではないでしょうか。

 その連チャンを生み出したのがこれまた有名な『CS-90』という違法なコインセレクター。『4枚がけ』で強制的にBIGフラグを成立させるという攻略法も発覚しましたが、それを知るのはその道のプロ達が食い荒らした後でした。

全台のパトランプが回転する様子は本当に圧巻

 しかし、コンチⅠとの出会いは本当に強烈でした。パチンコ必勝ガイドの愛読者だったことからその連チャンぶりは認知済み。全台モーニングありという豪快な新装開店で有名だったK店系列に、コンチⅠが導入されると聞きワクワクしながら駆けつけたのです。

 台数は片列で20台ほどに対し抽選待ちは60人ほど。抽選といってもスタッフが手にした棒を1本引き、先が赤くなっていれば当りという古典的なものでした。

 見事当りクジを引き当ていざ入店。コンチⅠに着席すると1000円分のメダルを購入し、開店を待つだけです。既にBIGフラグ成立が確定している台に座り開店を待つというあの高揚感。今でも忘れられない至福の時でしたね。

 時間になり開店すると一斉にBIGボーナスがスタートします。ファンファーレが鳴り響き、頭上にある全台のパトランプが回転する様子は本当に圧巻でした。しかし、それだけでは終わりません。

パチスロ幻となった「衝撃の連チャン」…今なお語り継がれる名機!!の画像2

 全台ではありませんが、半数ほどの台はあれよあれよという間にソッコー連チャンを重ねていき、瞬く間にドル箱を積み上げていく者が現れ始めます。クレジット内での素早い連チャンが何度も何度も。本当に忘れられない衝撃的な光景でした。



Source link

最新記事

もっと探る