7.5 C
Tokyo
Home日本語ITニュース爆速文字起こしでライター大...

爆速文字起こしでライター大満足「LINE CLOVA Note」が凄い!話し手の区別も(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース


【この記事の画像を見る】

● 文字起こしの時間を3分の1に 短縮してくれた「CLOVA Note」

 2022年5月24日、LINEのAIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」からAI音声認識アプリ「LINE CLOVA Note」(以下、CLOVA Note)がリリースされた。要は、音声から文字起こしをしてくれるアプリだ。

 筆者は毎日のように取材録音の全文文字起こしをしており、この時間の負担がとても大きかった。そのため、10年以上前から「文字起こしができる」という音声認識製品が出るたびにレビューさせてもらい、実際に試しつつ原稿を書いていたのだが、それでも自分で書き起こす方が速かった。今年の5月24日までは。

 結論から言うと、「CLOVA Note」はインタビューや講演などの文字起こしを劇的に爆速化できる“神ツール”だった。話者が複数いる場合も問題なく対応できるので、会議の議事録を作る、ICレコーダーで録音した会話をザッとテキスト化する、といった用途にも便利なはずだ。今回は、この「CLOVA Note」の活用法を紹介しよう。

 「CLOVA Note」はLINE CLOVAの音声認識AI「CLOVA Speech」を使って、文字起こしを行う。「CLOVA Speech」は話者ダイアリゼーション技術の国際コンペティション「DIHARD3(2021年)」で世界3位の性能評価成績を獲得したという注目の技術だ。

 iOSとAndroid向けスマホアプリのほか、PCで使えるウェブアプリも用意されており、いずれも無料で利用できる。

● 最大200MB、180分までの音声ファイルを 日、英、韓国語で文字起こし可能

 ウェブアプリは「CLOVA Note」のサイトにアクセスして「ログイン」をクリック。初回のみ、規約に同意したり、興味のある分野を選択したりする。数ステップのチュートリアルを終わらせれば、すぐに利用できる。

 「新しいノートを作成」をクリックし、音声ファイルをドラッグ&ドロップするとアップロードされる。認識する音声ファイル形式は、m4a、mp3、aac、amr、wavとなり、ファイルサイズは最大200MB、長さは最大180分まで。認識言語は日本語と英語、韓国語から選択できる。

 180分を超える音声をアップロードした場合は180分のところまで文字起こしをしてくれる。どうしてもその先が必要な場合は、音声ファイルを分割してアップロードするとよい。



Source link

最新記事

もっと探る