16.5 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル「時短が入り乱れる」面白パ...

「時短が入り乱れる」面白パチンコ!? 3種類の特殊な出玉機能搭載!! – パチマックス


不規則出目の「4ケタドットデジタル」パチンコ機⁉

 基本的にデジパチは、3ケタの数字や絵柄が揃って大当りします。大手遊技機メーカー・三共はこの3ケタで揃うことを「フィーバー」、平和は「ブラボー」などと各メーカーがそれぞれ呼んでいました。特に前者は同社の登録商標となっていて、現在のデジパチの起源となっています。

 3ケタがあるならば、それ以上もそれ以下もあるのでしょうか。

 1ケタはなかったように思えますが、2ケタや4ケタは存在しています。特に4ケタは、3ケタ揃ったところで何らかの出玉がある…というようなゲーム性も存在しました。

 そのパチンコ機は、1999年登場の『トゥウェイSS』(銀座)です。メーカーの銀座といえば先日『寿司大王6』を紹介しましたが、同時期はかなり個性的なスペックやゲーム性のパチンコ機を発表していました。本機も同様です。

「大当り・中当り・小当り」3種類の特殊な出玉機能搭載!

『トゥウェイSS』は前記の通りに4ケタデジタルですが、何と「大当り」の他に「中当り」や「小当り」の3種の当り目が存在しています。各々の確率は、現状ライトミドルの部類です。

 平均出玉ですが大当りで約1,900発、中当りで約1,200発、小当りはアタッカーで約6秒間開放という特殊な仕組みです。特殊なのは各当たり終了後の時短にも示されています。大当りと中当りの時短は50回、小当りは30回となっています。

 同機は4ケタのドットデジパチなのですが、どのような当り図柄となるのでしょうか?ドットは数字のみとなります。1ケタ目から4ケタ目までの数字配列は以下の通りです。

 1ケタと2ケタは同じで「1から7」まで、3ケタ目は「0、3、7」のみ、4ケタ目は「1から9」という不規則な出目です。

 ちなみに大当りは「3333」と「7777」の2通り、中当りは右端4ケタ目がそれぞれ1個ズレ(例:3332や7776)の4通り、小当りは右端4ケタ目のそれ以外の出目で12通りもあります。



Source link

最新記事

もっと探る