12.5 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル甘デジ「超光速90%RUS...

甘デジ「超光速90%RUSH」で10万発へ前進!? 初当り鬼ヒキからまさかの展開が… – パチマックス


 甘デジ50機種を設置しているF店での戦い「シーズン6」を1万8000発のプラスで終え、次の店舗に舞台を移す。ここまでのトータル収支は6店舗で+5418発。このペースだと10万発を達成するにはあと100店舗以上の実戦が必要となる。

 たぶんこのシーズン7で今年が終わるようなスケジュールになるだろうから、今シーズンでできるだけ上積みしておきたいし、しなければ「沼」。ここはひとつ踏ん張りどころとムチを入れて光の速さで明日へダッシュである。

 さてシーズンの初手。勢いをつけるためにもガツンと連チャンさせたいところ。勢いといえば「旬」。パワーのある新台で大量出玉を狙おうと選んだ機種は『ぱちんこ ウルトラ6兄弟 Light Version』。継続率約90%の「超光速RUSH」でウルトラ連チャンである。

【注目記事】

■「保留連チャン・攻略法」など…当時のパチンコが凝縮された機種を生み出した老舗メーカー

■パチンコ新台『真・花の慶次』2機種が遂に公開! 爆裂必至の激熱スペック!!

 打ちはじめてから48回転目。演出カスタムの影響もあるが、そこまでほとんどアツい演出が発生せずに時間がかかるかとちょっと不安になった矢先に突如「プププ」とハンドルを握る手のひらに空気が発射された。変動開始直後のサプライズ告知に腰が浮く。

 京楽のAir-Vibは本当にすばらしい最高の機能である。逆にこれが発生しないと絶対に当らないんじゃないかと囚人のジレンマに陥ることもままあるが、現代パチンコ最高峰の演出である。

 もうこれでもかと激アツ演出が山盛りになって当ったので「台に元気がある」とオカルト大先生のような感情が湧き上がり、時短突破に期待するも40回転でかかったリーチはなんと0。可能性すら与えてくれない無慈悲な展開である。



Source link

最新記事

もっと探る