36.6 C
Tokyo
Home経済最新ニュースIMF専務理事、デジタル経...

IMF専務理事、デジタル経済の分断化に警鐘-経済成長の阻害に – Bloomberg


国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は6日、政策当局者に対しデジタル経済のバルカン化 (国家間の分断)を回避するよう求めた。分断化された場合、今後10年間で世界の国内総生産(GDP)を最大6%押し下げる恐れがあるとの見通しを示した。

  ゲオルギエワ氏は経済協力開発機構(OECD)主催のフォーラム向け講演テキストで、世界は米国と欧州連合(EU)、中国がそれぞれ異なる技術標準を採用する「デジタル経済のベルリンの壁」に間もなく直面する可能性があるとの見方を示した。

  同氏は、デジタル経済が分断された場合、低所得国に「どちら側に付くかを選択する」ことを余儀なくさせ、その結果、物価の上昇をもたらし、イノベーションやサービスの低下を招く可能性があると指摘。デカップリング(分断)により世界のGDPが3%から6%押し下げられるかもしれないと予想した。一方、このシナリオは今の巨大テクノロジー企業の優位性を高め、革新的な小規模企業の競争力を低下させる恐れがあるとも語った。

  ゲオルギエワ氏は、新型コロナウイルス禍で反競争的な傾向が強まれば、先進国のGDPの水準を中期的に1%低下させる可能性があるとの見通しを示した。

原題:IMF Chief Warns of ‘Digital Berlin Wall’ That Would Hurt Growth(抜粋)

 



Source link

最新記事

もっと探る