9.8 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ万枚達成者が続出「...

パチスロ万枚達成者が続出「上乗せの革命」…爆裂メーカー最新作にも期待!! – パチマックス


 先日、今後のホールを大いに盛り上げてくれそうな激アツ新台が続々と検定を通過しました。パチンコでは『Pぱちんこキン肉マン3M21』や『P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.M08』あたりが注目を集めています。

そ の中でも、特に話題となっているのは『P真・花の慶次3』でしょう。11月6日に開催された「花慶の日2021-秋の宴-オンライン」にて、遂にスペックが明かされました。

 大当り確率1/319.68のミドルタイプで、V-STスペックを採用。初当り時の確変割合は55%で、時短引き戻しを含めたトータルRUSH突入率は約67.5%となっております。

 RUSHではST135回転が付与され、この間に1/76.56の大当りを射止めるゲーム性。その継続率は約83.3%と連チャン性能は十分で、電サポでの10R・1500発比率は80%と出玉面も申し分のない仕上がりです。導入が楽しみで仕方ありませんが…。

 注目すべき新台はパチスロにも存在します。沖スロ期待の超新星『S/沖ドキ!DUO/DH』や、伝説ループ搭載の『S秘宝伝 解き放たれた女神SA1』など、激熱シリーズ後継機が次々に検定を通過しました。

【注目記事】

パチスロ「6号機で簡単に喰える」立ち回りを披露!?

元祖4号機のゲーム性を継承! 撤去までに万枚を…パチスロ「旧基準機」攻略ポイント特集―シェイクⅢ―

〇〇〇

 どれも仕上がりに期待が高まりますが、私が最も注目しているのは『SパチスロウルトラマンタロウMG』です。スペックは明らかになっておりませんが、個人的には京楽産業.のパチスロ機というだけで期待してしまいます。

 京楽産業.系列といえば、パチンコ分野での活躍イメージが強いですが、パチスロでも魅力的なマシンを数多く生み出しております。

 今年で言えば、高い出玉性能で6号機ながら万枚を生み出せるマシンとして『ぱちスロ沖ハナ-30』をリリース。大きな話題となったのは記憶に新しいですが、同社は5号機時代からその実力を遺憾なく発揮しておりました。

 プレイヤーが任意で現在の消化ゲーム数をリセットできる「サプライズリセット」搭載の先に述べた『ぱちスロAKB48』をはじめ、4ケタ上乗せにも期待できた『ぱちスロ PSYCHO-PASS サイコパス』など、既存機に捉われない個性豊かなゲーム性を展開。ファンの心を掴んでいったのです。

 その中でも、私が特に魅力を感じたマシンは『ぱちスロ仮面ライダーBLACK』。この台のゲーム性は、ユーザーの心を燃え上がらせる熱いものがありました。

 ART継続をかけた自力バトルが、勝利した際の恩恵が状況によって大きく変化するという特殊な仕様だったのです。上乗せが上乗せを呼び、時に「一撃万枚」すら狙えた自力バトル…あの興奮はこの台でしか味わえないでしょう。



Source link

最新記事

もっと探る